ホーム ABOUT メンバー 活動記録 スケジュール お問い合わせ

2018年08月05日

サマースクール2018第3回運営会議 報告

こんにちは。及川です!
7月21日(土)〜7月22日(日)の1泊2日、
広島信用金庫研修センターにて行われた、
サマースクール2018第3回運営会議について報告します。

今回の研修の主なテーマは
・課題解決力・思考力・自己形成力の向上
・サマースクール本番のイメージアップ
の2つでした!

7月21日(土)
研修では、初めにパラダイス効果のワークが行われました。

「パラダイス効果とは、目をつぶって楽しいことを3分程度考え、楽しい気持ちで
頭がいっぱいになった時点で、大声でパ〜ラダイス!!と叫ぶとポジティブになれる」
という説明を受けました。
学生ブログ001_R.JPG  学生ブログ011_R.JPG

早速スタッフ全員で実践し、「パ〜ラダイス!!」という声が響いたところで種明かしです。
なんと…パラダイス効果というものは、存在もしない嘘のお話だったのです!!!

しかし、スタッフはパラダイス効果を信じこみ、実践してしまいました。

では、パラダイス効果のワークは何を目的に行われたのだろう
という疑問が出てきますよね。

このワークの真の目的は、批判的思考力を育てることだったのです!

このワークを通し、人から言われたことを鵜呑みにせず、
まず「それホンマ?」と批判的に考えていくことを学びました。


続いて、MISSION SUBJECTIVEというワークが行われました。

男女混合の5人チームを作り、
人間知恵の輪や風船リフティングといった課題をクリアする時間を競うのですが、
「チーム作りから課題クリアまで発言権は一人一回のみで、発言したらマスクを付ける」
というルールがあります。
学生ブログ013_R.JPG  学生ブログ015_R.JPG
学生ブログ014_R.JPG  学生ブログ012_R.JPG

そのため、自分がどこで発言をすれば、より早く課題をクリアできるかを
考える必要がありました。

私はこのゲームを通し、
他人任せにせず自分が行動するという主体性を持つこと、
自分がとった行動には責任を持たなければいけないことを実感しました。

同時に、自分が主体性を持って活動する大切さも実感できました。


ここで研修初日、午前の部は終了。
そして、みんな待ちに待ったお昼ご飯の時間です。
午後からの研修に向けて、エネルギーチャージです!


午後からは課題解決型R.P.G. Metacognizing Trajectoryが行われました。

ここではサマースクール中に起こりそうな課題を想定し、
その問題を解決する方法やプロセスを確認していきました。

スタッフは5人一組で
「プロセス導師」や「なぜなぜ妖精」、「わくわくさん」 といった
RPGの登場人物になります。

つまり、5人それぞれに課題を解決するための役割が与えられたのです。

プロセス導師は課題を解決するまでの手順を確認・実行し、
なぜなぜ妖精は「なんで?」「それホンマ?」と他のメンバーに問いかけることで、
原因を深く考えるよう促します。

また、わくわくさんは「議論に抜け・漏れはないか?」「重複はないか?」と考えることで、
議論が正しく進んでいるか確認します。

それぞが自分の役割に責任を持ち、
問題の整理や原因の特定、課題解決を図っていきます。
学生ブログ001_R.JPG  学生ブログ018_R.JPG
学生ブログ017_R.JPG  学生ブログ019_R.JPG

各チームがそれぞれのアプローチから、提示されたテーマの課題解決に向けて
問題を整理し、問題の真の原因=真因を特定していました。

私も、問題の真因は隠れたところにあるため、それを特定する難しさを実感しました。
また問題の隠れた真因を丁寧に見つけていく必要があることを、再確認しました。


そして、研修初日最後のプログラムはモチベーションマジック

モチベーションマジックとは、
サマースクールの準備に携わるスタッフのモチベーションを互いに高めるという
ゲーム型のワークです。
学生ブログ021_R.jpg  学生ブログ020_R.jpg

ゲーム中は相談者の意外な悩みが聞けたり、
回答者の素晴らしい解決策に刺激を受けたりと、
充実した時間を送れました。

また、自分の悩みを他のスタッフに解決してもらうことを通して、
自分の悩みも見方や考え方を変えれば、
案外簡単に解決できるものだと実感しました。

同時にサマースクールへのモチベーションが改めて高まりました!

7月22日(日)
2日目はサマースクール当日の動きをシミュレーションしました。

まず全体で日程を確認し、
その後はリーダー種別ごとに細かい動きを確認です。

このうち本部リーダーは、サマースクール当日に使用する物品の確認や、
写真撮影のタイミング確認といった「裏方」の仕事に関する確認を細かく行っていました。
学生ブログ002_R.JPG  学生ブログ003_R.JPG
学生ブログ005_R.JPG  学生ブログ004_R.JPG

事前に「トラブルが起こりそうな時間・状況を確認する」
「トラブルが起こった際の対処法を用意しておく」ことで、
事前にトラブルが発生しないように行動することができます。

スタッフの皆さんも今回のシミュレーションを通し、
改めて準備の大切さを実感したのではないでしょうか?

-------------------
今回の研修では、サマースクールまで1ヶ月を切ったということもあり、
サマースクールに直結する具体的な内容の話が数多くありました。
また、自分の発言や行動に責任を持つことや、事前の危険予測といった、
スタッフにとって必要な能力を改めて確認できました。

サマースクールまであと少しです。
暑い日が続きますが、皆さん体調に気をつけてお過ごし下さい!

次回の報告もお楽しみに!
学生ブログ006_R.JPG

posted by iyah at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2018年07月28日

サマースクール参加者説明会中止のお知らせ

7月29日(日)に予定していましたサマースクール参加者説明会
台風接近による交通機関の乱れや安全を考慮し、中止させていただきます。

つきましては、説明会で連絡する予定となっていたホームグループ番号や、
担当のリーダーの名前などは追って郵送とさせていただきます。

前日の中止発表となり、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
ご理解のほど、宜しくおねがいします。
posted by iyah at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2018年07月16日

サマースクール2018第2回運営会議 報告

こんにちは、名越です!
6月24日(日)にJMSアステールプラザで行われた
サマースクール2018第2回運営会議について報告します。
 
今回の研修の主なねらいは、
・プログラム(社会機構「ぼくらの町」)に対する理解を深める
・自己形成力(自己理解、大志を抱く、主体性)を高める
・思考力(省察)を高める
の3つでした!


まずは、前回の研修で学んだ3つのスローガンの確認をしたのちに、
歌の練習をしました。

前回歌ったグーテンモルゲンに加えて、大きな歌・ごはんの歌を歌いました。
学生ブログ004_R.JPG  学生ブログ005_R.jpg

子ども達に歌う楽しさを伝えるためにも、
まず自分が歌う楽しさを知ることが大切です。

最初は小さかった声も次第に大きくなっていきました。


歌の練習が終わった後は
「ぼくらの町」の役場・銀行・夏祭りと7つのポイントについての説明です。
学生ブログ006_R.jpg

子ども達は試行錯誤し、ぼくらの町をよりよくしていこうとすることによって、
町の仕組みを学びます。

この学びを適切にサポートするためには、
各リーダーが、ぼくらの町の仕組みやプログラムのねらいを
きっちり理解することが不可欠なのです。


そして、休憩をはさんだ後、
サマースクールを通しての学びと成長についてのお話がありました。
学生ブログ001_R.JPG

これからのAI化・第4次産業革命の激動が進行していく中で必要とされる、
チームワーク力・主体性・自己形成力・省察について
説明をしていただきました。

省察とは自分の行為や経験について客観的に見ることを言います。

省察の説明をうける中で、自分の考え方や行為の省察を常にしていくことが
学びにつながることを知りました。
学生ブログ001_R.jpg  学生ブログ002_R.JPG

皆さん真剣に聞き、説明をうけて分からなかったところは質問をして
より詳しく説明をいただきました。
 

その後、再びの休憩と諸連絡をはさんだのち、
「ぼくらの今の記録」についてのお話がありました。

前回の研修の「ぼくらの世界線」の自己紹介ワークと関連したお話でした。
学生ブログ002_R.jpg

人生の中で多くのターニングポイントがあり、
その出来事や選択により様々な人生に分岐します。

その分岐する人生それぞれのことを「世界線」といいます。

たくさんある世界線のなかで
なぜサマースクールに参加したのか、何を成し遂げたいのかについて
今の思いを書くことにより、これらのことを忘れないことの大切さを学びました。

私もしっかりと、今自分がサマースクールで成し遂げたいことを
本番中も意識し続けたいです。


その後「敵を知り己を知れば百選危うからず」ということで、
自己分析の仕方・自己PRの仕方・エントリーシートの
書き方について聞きました。

また、それに加える形でリフレクションシートをなぜ書くのか
どう書くのかのついてのお話がありました。
学生ブログ003_R.jpg

リフレクションは、
出来事を客観的に多様な観点から分析や考察をし、
そこから総合的な視点すなわち真理を見出す作業です。

リフレクションを適切な方法でするのと、
まったくリフレクションをしないのとでは
得られる経験値が大きく違うということに対する皆さんの理解が
深まったでしょう。

この話を聞いて、
私は今まで自分がやってきたリフレクションのやり方は
そもそも間違っていたことを知りました。

正しいやり方でのリフレクションをするのはとても大変で時間がかかりますが、
これからの自分の成長につながるように頑張りたいと思いました。

-------------------
サマースクールまで、2ヶ月を切りました。
いよいよ本番が近づいてきましたね。

これからもケーススタディや運営会議を通して、
スタッフ間の交流を深めていきつつ
良いサマースクールを実現できるようにしたいです。

 








posted by iyah at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2018年07月07日

チャレンジの現場中止のお知らせ

7月8日(日)に予定していましたチャレンジの現場は悪天候の影響により、
中止させていただきます。

楽しみにしてくださっていた方もたくさんいらっしゃると思いますが、
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
ご理解のほど、宜しくおねがいします。

被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げるとともに、
これ以上被害が大きくならないよう願っています。
posted by iyah at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2018年07月02日

チャレンジの現場(6月) 報告

こんにちは!三栗野 優希です。
6月17日(日)に広島国際青少年協会事務所にて行われた
チャレンジの現場の報告をします。

チャレンジの現場とは?
・やりそうでやらない
・広島では機会に恵まれない
・専門的な知識が必要
だったりして、普段なかなか体験できないことにみんなで果敢に挑戦する
会員限定企画です。

今回のチャレンジの現場は
「人の魅力を伝える」をテーマに記事作成にチャレンジしました。

グループに分かれて、4人のリーダーたちの魅力を記事にしていきます。

まず、はじめに
「魅力って何?」
「魅力を見つけるにはどうしたら良いの?」
ということを学びました。
学生ブログ003_R.jpg  学生ブログ001_R.JPG
そして、記事づくりに入ります。

まずは、リーダーの魅力を見つけるための
インタビュー&魅力あふれる写真撮影!

インタビューで魅力を見つけるコツは、
・その人のことを好きかも!と思って取材すること。
共感しながら色んな興味あることを聞くこと。
・その人のどんなところが好きなのか考えてみること。
の3つでした。

参加した皆さんは、きっともう完璧ですよね!
また、プロのコピーライターの方からのアドバイスもありましたね。

学んだコツやアドバイスを参考に、
みんな一生懸命メモを取りながらリーダーのお話を聞いていました。
学生ブログ004_R.jpg  学生ブログ005_R.jpg

写真撮影では、事務所を飛び出し、
リーダーの魅力が、写真を見た人に伝わるよう工夫をこらしました。

一眼レフカメラで撮影をするのも
あまりない機会だったのではないでしょうか?

リーダーの素敵な写真がたくさん撮れていましたよ!
学生ブログ006_R.jpg  学生ブログ009_R.jpg
学生ブログ007_R.jpg  学生ブログ008_R.jpg

写真撮影から帰ってきたら、
インタビューで聞いたことを元に文章を作ります。

決められた文字数の中で
リーダーのどういう魅力をどのように伝えるか、
悩みながら一生懸命考えました!

パソコンを使って文字を打ち込むのは少し大変でしたね。
学生ブログ011_R.jpg  学生ブログ010_R.jpg

文章を作り終わったら、今度は記事に載せる写真を決めます。
たくさん撮った分、どの写真を選ぶか迷いますね。

いい写真がたくさんあって、出来るなら全部載せたい!と
私は思っていましたよ。
学生ブログ013_R.jpg  学生ブログ012_R.jpg

文章も写真も決まったら、
今度はillustratorというアプリを使って記事を作ります。

佐藤リーダーと小松リーダーに作業を手伝ってもらいました。
素敵な記事ができあがる予感きらきら
学生ブログ001_R.JPG  学生ブログ002_R.JPG

少しだけ出来上がった記事をお見せしますね…
iOS の画像 (1).jpg

今回作った記事は、印刷の会社に依頼して冊子にしてもらう予定です。
完成するのがたのしみですね!!

-------------------
今回のチャレンジの現場には、
『人の魅力は、見つけようとしないとなかなか気づけない。
日頃から素敵だと思えることに敏感であってほしい。』
という思いをこめて、企画しました。

素敵な人が周りにたくさんいるのに、
それに気づけないなんてもったいない!

ぜひ、身の回りの人の魅力を探してみてくださいね。


〜お知らせ〜
次回のチャレンジの現場は「非日常」がテーマです。
広島大学にて開催される、ゆかたまつりに行きます!

西条がどれくらい遠いか知っていますか?
大学生がどんなお店をやっているか見たことありますか?
「おまけしてください!」と頼んだことはありますか??

きっと初めての経験がいっぱい出来るはずです。

皆さんの参加、お待ちしております!
申込みは、7月4日(水)まで!
詳しくはこちらをクリック!


posted by iyah at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2018年06月21日

サマースクール2018第1回運営会議 報告

こんにちは。久住です!
6月9日(土)〜6月10日(日)の1泊2日、
国立江田島青少年交流の家にて行われた
サマースクール2018第1回運営会議について報告します。

今回の研修の主なテーマは次の2つです。
・スタッフのチームワーク力の向上
・スタッフの課題解決力の向上

このテーマに沿って、
グループワークや野外炊飯、ケーススタディなどを行いました。


6月9日(土)
フェリーに乗って、いざ江田島へ。
学生ブログ045_R.jpg  学生ブログ001_R.jpg


青少年交流の家に着いたら、
施設オリエンテーション、研修のねらい・サマースクールのスローガンの共有等が
行われました。
学生ブログ002_R.JPG

みなさん、サマースクールの3つのスローガンを覚えていますか?
・子ども一人ひとりのことを本気で想え
・考えて考えて考え抜け
・何事も自分事とせよ

たとえ、スタッフ一人ひとりが、考えて考えて活動していたとしても
子ども一人ひとりのことを本気で思っていなければ
その活動は良いものとはなりません。

また、この3つのスローガンを意識していなければ、
スタッフの力が色々な方向へと分散してしまいます。

このように、スローガンを意識するということは、
サマースクールを作り上げるために決して欠かせないものなのです。


その後は、昼食の時間

「これ、美味しいね。」から始まった2人小さな会話が、
テーブル全体の会話へと広がっていきました。
学生ブログ004_R.jpg  学生ブログ008_R.jpg
学生ブログ007_R.jpg  学生ブログ006_R.jpg

様々な話題へと発展していくことが、
話していて、聞いていて、とても楽しいものでした。


ごはんを食べて、エネルギーを蓄えた後は
自己紹介ワーク「ぼくらの世界線」が行われました。

このワークでの世界線とは、人生のこと。
そして人生には
『もし、あの時、あの経験をしていなかったら、今の自分はない。』
というような分岐点(ターニングポイント)が多く存在します。

「ぼくらの世界線」では、自分のターニングポイントを
グループに分かれて発表!
学生ブログ009_R.jpg  学生ブログ010_R.jpg
学生ブログ011_R.jpg  学生ブログ014_R.jpg

人生にはたくさんのターニングポイントがあるため、
選ばれたターニングポイントは
発表者が何を大切にして生きているかを示していました。

グループでの発表の中で、
「これ以上ないくらい頑張ったから、後悔はない。」と口にした時の
発表者の表情が心に残っています。

その表情から、妥協することなく何かをやり遂げるは
辛いことではなく楽しいことなんだと感じました。

また、私自身のターニングポイントについて考えた際に、
今までなんとなく世界線を選択してきたことを実感しました。
ターニングポイントがほとんど浮かばなかったのです。

わたしは『あの時、〇〇してれば今頃は…』と後悔することがたくさんあります。
人生ってこんな風に、たくさんの後悔を抱えながら生きていくものなのかと
思っていました。

今回のワークで、後悔をするのは分岐点に経った時に
一生懸命考えもせずに世界線を選択しているからだと学びました。

これから後悔のない人生を歩んでいくために、
納得できる方向はどちらなのかを考え抜いて、
選び進んでいこうと思います。


自己紹介ワークの後は、リーダーシップについてのワークです。
学生ブログ015_R.jpg  学生ブログ016_R.jpg

リーダーシップとは、リーダーだけが発揮するものではなく
チームの一人ひとりがチームにとって良い働きかけをすること。

この定義にたどり着くために、段階を踏んで考えていきました!

リーダーシップについて理解したところで、
「サマースクールのリーダーとして効果的なリーダーシップを発揮するためには
〇〇のような行動が必要である」という自分なりのリーダーシップ持論をつくり、
この持論に対応した実践目標を立てました!


引き続いて、リーダーシップの実践として野外炊飯を行いました。
みんな、先程立てた実践目標の達成を目指します!

用意されたのは、食材と調理器具のみ。
作り方をインターネットで調べるのはNGです。

チームのメンバーそれぞれが、カレー完成を目指して
積極的に動いていきます。
みんなが、他人任せにせず自分は何が出来るかを考え続けました。
学生ブログ017_R.jpg  学生ブログ020_R.jpg
学生ブログ021_R.jpg  学生ブログ022_R.jpg
学生ブログ023_R.jpg  学生ブログ024_R.jpg

そしてそして、カレーの完成!!!

メンバー全員がそれぞれ異なるリーダーシップを発揮し、
作り上げることが出来ました。
味はもちろん美味しかったです!
学生ブログ025_R.jpg  学生ブログ026_R.jpg
学生ブログ027_R.jpg  学生ブログ028_R.jpg
学生ブログ029_R.jpg  学生ブログ030_R.jpg


研修初日の最後はケーススタディです。

ケーススタディでは、実際にサマースクールで起きた事例をもとに
自分ならどう行動するかを考えました!
学生ブログ031_R.jpg  学生ブログ032_R.jpg
学生ブログ033_R.jpg  学生ブログ034_R.jpg

ケーススタディでは、過去の事例の分析を通じて、次の2点を狙っています。
・将来の課題に対して応用可能な法則や原理の構築
・思考プロセスを繰り返す繰り返し行うことで、課題解決的思考が自然とできるようになる

私たちのグループは、まず、
この場合はどうするか、あの場合はどうするかというように
様々なケースを書き出しました。

その後、「なぜ?」と問いかけあいながら行動の選択を行いました。

このケーススタディを通して、
大切なことは“正解”を選択することではなく、
なぜそれを選択したかを言えることだと学びました。


6月10日(日)
朝の集いから一日が始まります。
司会を、芳野リーダーが行いました。
学生ブログ035_R.jpg  学生ブログ001_R.JPG

スムーズな進行でしたね!


集いの後、歌の練習を行いました。

歌のお姉さんである今井リーダーの指導のもと、
みんなでグーテンモルゲンを歌いました!
学生ブログ036_R.jpg  学生ブログ037_R.jpg
学生ブログ038_R.jpg  学生ブログ039_R.jpg

歌を歌うと体も温まり、気持ちが明るくなります。


片付け(退所点検)、朝食の後は
安全管理についてのお話

事後を防止するためには様々な配慮が必要となってきます。
子どもたちの安全を守り、スクールが円滑に進むように
準備を進めていきます!


続いて、昨夜のケーススタディの続きを行いました。

前日考えたことをもとに、判断を下した後とるべき対策を考えていきます。

わたしは、
何を根拠にその判断を下したのか
何を目的にその判断を下したのか
この2点を意識して考えました。

サマースクール本番には
『もしかしたら、〇〇をした方が良かったんじゃないか。』
と判断を疑う時間はありません。

行うべきなのは、判断を後から振り返った時に
『あの判断をしてよかった。』と思えるよう
判断をする際に考え抜くこと、そしてその後の対策を考えることです。

ただ、考え抜くということは一朝一夕で出来るものではありません。

サマースクールでの自分の行動を後悔しないために、
ケーススタディだけに限らず、
様々な活動の中で考え抜くことを練習していこうと思います!


その後は、チームごとに分かれて研修が行われました。
学生ブログ040_R.jpg  学生ブログ041_R.jpg
学生ブログ042_R.jpg  学生ブログ043_R.jpg

1時間という限られた時間の中で何をやるべきなのかを考え、
行うことができました。


最後にまとめが行われました。

2日間の研修を通して、印象に残ったこと、学んだこと、
新たに気づいたことを振り返りました。

研修での学びを自分のものにするために
その場一時の振り返りで終わらすのではなく、
持ち帰ってしっかり振り返りを行っていこうと思います!


2日間の研修も終わりを迎え、広島港へと戻ってきました。

みなさん、チームワーク力と課題解決力はどれくらい向上したでしょうか。

サマースクール本番まで、約2ヶ月。
これからの研修や準備を通して、この2つの力を更に向上させていきたいです。
学生ブログ001_R.JPG


次回の報告もお楽しみに!

posted by iyah at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2018年06月16日

チャレンジの現場のお知らせ

チャレンジの現場ロゴ笑.jpg

こんにちは!中野です!
7月8日(日)に行われるチャレンジの現場のお知らせです!

チャレンジの現場とは?
・やりそうでやらない
・広島では機会に恵まれない
といった、普段なかなか体験できないことにみんなで果敢に挑戦する
会員限定企画です。
学生ブログ001_R.jpg
(PDFはこちら

今回の舞台は「ゆかたまつり」
ゆかたまつりは、広島大学主催の夏祭りであり、浴衣の祭典です。

みんな、普段は味わえない夏のイベントに是非参加してみよう!

<浴衣を着よう!>
「夏は短し 纏えよ浴衣」
浴衣を纏(まと)えばちょっぴり大人気分。
季節の衣装、浴衣が非日常を演出してくれます。

<模擬店でサービスしてもらおう!>
ゆかたまつりの主催は広島大学。
大学生が多くの模擬店を出店します。

みんなお店でサービスしてもらった経験はあるかな?
今回は、大学生と仲良くなって模擬店でサービスしてもらうことに挑戦だ!


要項は以下の通りです。
===============================================
■日 時:7月8日(日)10:00~17:15
■場 所:広島大学 東広島キャンパス
    (https://goo.gl/maps/2EoRZarvX6H2
■集合・解散場所:JR広島駅 南口 噴水前
■参加費:中学生3000円
     小学生2000円
 【内訳】交通費2000円(小学生は1000円)+昼食、お小遣い1000円
■持ち物:浴衣(着用推奨)、カバン(財布などの小物を入れるため)
■ゆかたまつりについてはこちらから(http://hu-festival.main.jp/yukata.html
■お申込方法:上記の申込用紙を7月4日(水)までに届くように、
       申込用紙(お知らせのチラシ)を郵送またはFAXしてください。
       または、所定の事項をメールでお送りください。
■お問い合わせ:
広島国際青少年協会事務局
〒730-0013
広島市中区八丁堀6-4スカイパークビル6階
TEL:082-222-1588
FAX:082-222-1587
MAIL:shonen@hiroshimayouth.org
===============================================
ゆかたまつりで、特別な夏の思い出を作りましょう!
皆さんのご参加お待ちしております。


posted by iyah at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2018年06月14日

ハノーバーの日 報告

こんにちは!野口です。
5月27日(日)に広島市留学生会館にて行われた
「ハノーバーの日」の報告をします!

広島市では、
5月27日はハノーバー市の姉妹都市提携調印日であることから
ハノーバーの日とされています。

この日を記念して、広島市はハノーバー市及び
ドイツに対する市民の理解を深め、一層の交流を図るため
「ハノーバーの日」という市民参加型のイベントを開催しています。
学生ブログ001_R.jpg  学生ブログ002_R.jpg

我々広島国際青少年協会では、
・ルッチェラーゲ体験ブース
・ハノーバー市の紹介と青少年交流の記録展示
を行いました!
(ルッチェラーゲとは、黒ビールとシュナップス(雑穀等の蒸留酒)を、別々の
グラスに入れて一度に飲み干すというハノーバーの伝統的な飲み方の一つです。)


午前は、午後の部のブース運営と展示発表に向けて
皆で準備に取りかかります!
学生ブログ003_R.jpg  学生ブログ004_R.jpg

「どうしたら見やすいかな?」
「人が来たらどうやって飲み方を教えようかな?」
などを考えながら精一杯準備に取り組めていましたね!


準備も一段落したところで、皆で昼食を食べに行きました!
留学生会館近くのお店で牛カツを頂きました。
学生ブログ005_R.jpg  学生ブログ006_R.jpg

美味しいご飯に舌鼓を打ち、エネルギーを蓄えることが出来ましたね!


腹ごしらえも済んだところで、
いよいよ「ハノーバーの日」がスタートです!

開始直後からルッチェラーゲ体験ブースには
年配の方から小さい子供まで多くの人々が訪れました。

その中には会員の中学生の姿もあり、楽しくお話できました!
学生ブログ007_R.jpg  学生ブログ008_R.jpg
学生ブログ009_R.jpg  学生ブログ010_R.jpg

独特の飲み方を初対面の方に教えるのは大変でしたが、来て頂いた方に
ドイツ文化を感じてもらう事が出来たのではないかと思います。


ブース発表では、ハノーバー訪問での経験をお話しました。
楽しそうにハノーバーでの経験を話す姿は生き生きとしていて、
僕もハノーバーに行きたくなるような話しぶりでした!

また、ドイツの民族衣装を着た姿を中学生の女子三人が披露してくれました。
とっても似合ってますね!
学生ブログ011_R.jpg  学生ブログ001_R.JPG


そして、ブースを展開した会場では
広島国際青少年協会に縁のある方々がハノーバー交流について
お話をされていました。
学生ブログ013_R.jpg  学生ブログ014_R.jpg

その中には今年リーダーを卒業された白井佳奈さんの姿も、、、

改めて、広島国際青少年協会に縁のある方々が
様々な場面で活躍していることを感じました。


イベント終了後には記念撮影。
学生ブログ002_R.JPG

普段は中々お会いすることが出来ないドイツ出身の方と
写真を撮って頂けて、良い思い出になりましたね!

-------------------
広島市がハノーバー市と姉妹都市関係にあることは
前から知っていたのですが、
ハノーバー市にはどんな特徴があるかまでは知りませんでした。

しかし、ブース運営などで他者にハノーバーのことを伝えていく中で、
自分の理解が深まっていったと思います。

物事を知るには調べることや勉強をすることは当然大切ですが、
今回の経験から、教えることを通してより深く
物事について理解出来るのだと感じました。

サマースクールに向けて本格的に活動が開始されていく中で、
スタッフ同士で疑問に思っていることを教え合いつつ、
互いを高めていけるように日々努力していきたいと思います。


次回の報告もお楽しみに!
posted by iyah at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2018年06月13日

ボードゲームカフェ&バー「ジーク」 報告

こんにちは!村上ななみです。
5月26日(日)に広島国際青少年協会事務所で開催された
ボードゲームカフェ&バー「ジーク」の報告をします。

ボードゲームカフェ&バーは、
普段あまり体験することのできない「ボードゲーム」を楽しもう、
そしてボードゲームを通して、もっと多くの人と仲良くなろうという企画です。
image1.png

協会に所属しているリーダーたちだけでなく、社会人の方、
リーダーの友達である大学生もたくさん参加してくださいました!

13時30分から16時30分までがボードゲームカフェ、
17時30分から20時30分がボードゲームバーでした。


13時30分から前半の部、ボードゲームカフェが始まりました!
まずは、どのボードゲームで遊ぶか経験者の意見も聞きながら決めました。
image2.jpg  image3.jpg

事務所には本当に様々なボードゲームがあり、どれをしようか悩みましたね。
それも醍醐味の一つです。


いよいよプレイです!
初対面の人もいる中、最初こそ緊張していましたが、
いざボードゲームが始まるとすぐに打ち解け、30分後にはこんな感じです。
image5.jpg  image4.jpg

自分がしていたのは「カタン」というドイツ生まれのボードゲームでした(左上の写真)。

カタンとは、無人島(カタン島)を複数の入植者たちが開拓していき、
もっとも繁栄したプレイヤーが勝利するゲームです。

陣取り、資材管理、相手プレイヤーとの交渉に加えて
運が絡むという様々な面白さが満載のボードゲームでした!


さて、「カフェ」と冠しているからには
もちろんジュースやお菓子などもありました。

そして、そのカフェを担当していたのはなんと篠原 隼委員長でした!
image6.png  image7.jpg

そして、あっという間にボードゲームカフェは
終了時刻を迎えてしまいました。

みなさんもっとボードゲームをしたいと思っていたと思います。


時刻は17時30分、ボードゲームバーの始まりです。
カフェから続けての参加者に加え、新たに多くの方が来てくださいました!
image8.jpg  image9.jpg

開始から1時間ほど経ち、新たな参加者とも打ち解け始めた頃、
「中野バー」の開店です!

中野リーダーがバーテンダーを務め、一気にその場が小洒落たバーと化しました。
image10.jpg  image11.jpg

みなさん中野リーダーのかっこいい姿見たさに注文をしていましたね。

ボードゲームバーは初体験だったのですが、
ボードゲームカフェとはまた少し違う盛り上がりでした。

その中で、お酒の力で思い切りが良くなり、
飲んでいないときよりむしろ強くなることがあるというのは、
見ていて面白い発見でした。


そして、ボードゲームとともに夜は更けていったのでした。

--------------------------
今回の企画では、本当にいろいろなボードゲームを体験できました。

また、同じ釜の飯ではありませんが、一緒に一つのボードゲームを囲むことは
人と人とが知り合うきっかけやもっと仲良くなる手助けになる、
いわば、一種のコミュニケーションの方法だとも思いました。

この企画を通して、ボードゲームの面白さ、楽しさをもっとみなさんと
共有していきたいと思います。


これからは定期的な開催が見込まれるので是非ご参加下さい!

posted by iyah at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2018年06月08日

ハノーバー使節団報告会 報告

こんにちは!!
見当祥晴です!
5月19日(土)に広島電鉄本社にて開催された
「ハノーバー使節団報告会」について報告します。


私たちは、この春の4月1日〜4月6日に広島市の代表として
ハノーバー市に訪問したので、そこで何があり、どんな学びを得たかを
きちんと報告しなければなりません。

そこで、私たちがハノーバー市訪問で何を学び何を得たのか
それを知ってもらおうという思いから今回の報告会は企画されました。


まず、初めは広島ハノーバー友好協会の会長である井内康輝さんから
開会のご挨拶を頂きました。
image1.jpg

井内さんからは、
国際交流の重要性は国と国との垣根を越えて縁をつなぐ初めのきっかけに
なることであり、私たちは今回のハノーバー訪問によってできた海外との縁を
大事にすべきだというお話をして頂きました。

このお話を聞いて、ハノーバーのホストファミリーと
もっと親密に連絡を取り合おうと考えました。


井内さんは訪問団の団長でもあったので、
訪問団の団長としての挨拶も引き続き行われました。


その後は皆が待ちに待った夕食です!
image2.jpg  image3.jpg

久しぶりに会った友人たちと、思い出話が弾んでいて
皆本当に楽しそうでした!


その後、今日のメインである報告会が始まりました。

成人グループの報告を徳原さん
青少年グループの報告を道方さん
広島電鉄グループの報告を山香さん
邦楽グループの報告を山本さんが行います。
7C5C9AA6-39E8-4FAC-9846-7BD7875B2506.jpg  S__24478396.jpg

特に僕たち青少年グループは、成人グループと常に一緒に行動していたわけではなく
主にどんな活動をしてのか詳しく知らなかったので、
非常に新鮮な思いで聞くことができました。

成人グループは主に文化交流を行っていたようです。
A80A963A-1B18-4BE2-9EF8-A69FFD8C4ACE.jpg

文化交流には誇ることができる自国の文化が必要にもかかわらず、
自分が今、成人グループの中に入ったとしたら誇れるような何かを
伝えられないことに気が付きました。
これから誇れるれものは何であるかを考えていきたいです。

報告会では、子どもたちとの思い出話に花が咲くとともに
自分たちのグループのことを振り返り、他のグループがどのような活動を
していたか知ることができ非常に興味深かったです。


その後しばらく歓談の時間があったのですが、非常に盛り上がり
あっという間に終了時刻が来てしまいました。

-------------------
今回の報告会では、文化交流においての心構え、重要となる点を学びました。

文化交流は自分がやって終わりというものではありません。

ぼくたちが行った国際交流をぼくたちだけで終わらせず、
今度は向こうからのホームステイを受け入れることで次につないでいく、
そんな考えを持って国際交流に取り組んでいこうと思います。
posted by iyah at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録