ホーム ABOUT メンバー 活動記録 スケジュール お問い合わせ

2017年03月24日

サマースクール2017第3回運営会議 報告

こんにちは、若林です!
3月19日(日)に行われた第3回運営会議の報告をします。

今回の会議から大学受験を無事終えたリーダーと
新高校1年生の7名のリーダーも加わり総勢33名!
事務所がとても賑やかでした!


まずは初めて運営会議に参加するリーダーによる「30秒自己紹介」。
一週間後に迫った春のホリデースクールへの意気込みを伝えてくれました!

次は河本リーダーによるグループワーク。
これまで様々なワークショップを行ってきましたが、
今回は「ケース・スタディ」というものをしました。
図1.jpg 図2.jpg

ケース・スタディとは
ある事例に対し、当事者として問題解決に務め、
課題解決能力を高めるトレーニングです。

また、グループワークや全体でのディスカッションを通して、
他の人の考え方に触れることにより、
視野を増やし、自らの思考プロセスを再構築する役割ももっています。


今回はスクールで実際に起こりそうな3つの事例を用意し、
グループに分かれて、各担当の事例に取り組みました。
図3.jpg

まずは個人ワークとして、事例を読み、
・問題が起こった原因
・その問題が起こらないようにするためにはどうすべきだったのか
を考えた後に個人ワークで出た自分の意見をグループ内で共有し、
課題解決に必要な「5つの秘訣」を考えます。
図4.jpg 図5.jpg

様々な解決策が出た中で、
どの事例でも挙がったのが「報連相の重要性」でした。

報連相とは、報告・連絡・相談をまとめた総称のことです。
チームワークを上手く回すにはこの報連相が欠かせません。

これまでも何度も報連相についての話を聞いてきましたが、
改めて報連相の重要性を知ることができましたね!


次に春のホリデースクールのテーブルシミュレーションをしました。
図16png.jpg 図7.jpg

実際にプログラムの流れを追いながら、
・どのようなプログラムなのか
・注意すべき点はどこか
・自分がどのような動きをすればいいのか
などを確認していきます。

質問や意見が多く飛び交い、モチベーションが高まるほか、
春のホリデースクール当日のイメージを湧かせることができましたね!


次に安全管理についての話を川野リーダーにしていただきました。
安全管理はリーダーをする上で欠かせないスキルです。
子どもと一緒に過ごす以上、そこには当然「責任」が発生します。

・事故を防ぐ重要性
・事故を防ぐためにはどうすればいいのか
・万が一、事故が起こってしまった時の対処法
などのお話をしていただきました。
図8.jpg

スクールをする上で、怪我なく終えることが何よりも大切です。
危険を察知して、事故を未然に防ぐことができるよう、
常に潜む危険を見過ごさないようにすることが大切だと思いました。


続いて、篠原リーダーによる「明日から使えるリーダーTips」の時間でした。
図9.jpg 図10.jpg

今回のテーマは“問題の本質を見抜くことの重要性”
何か解決する必要のある問題に直面した時に、
表面的に捉えるのではなく、問題の本質はどこにあるのか、解決するために重要になってくるポイントはどこかを見抜くことが大切になってきます。

そのためには経験を積むこと、知識を身につけることが大切なんだそうです。
知識量を増やすには読書が有効ということなので、
私も読書を通して技術を身につけ、磨いていきたいと思いました。


あと3日に迫った春のホリデースクール!
リーダー達は気合十分!みなさんに会えることをとても楽しみにしています!

今年の春のホリデースクールではどのような出会いがあるのでしょうか。
お楽しみに!
posted by iyah at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録