ホーム ABOUT メンバー 活動記録 スケジュール お問い合わせ

2018年08月28日

ハノーバーの青少年との交流会

こんにちは。見当祥晴です!
8月4日(土)に行われた
ハノーバーの青少年との交流会について報告します。

姉妹都市である広島市とドイツのハノーバー市では
毎年それぞれの国に訪問団を送っています!

広島からは今年の4月1日〜4月7日までハノーバー市へ訪問団が送られました。
(ちなみに僕も訪問団の一員としてハノーバー市に行っていました。)

そして今回、ハノーバー市からの訪問団が8月1日〜8月7日までの7日間広島に滞在しました。

そこで、せっかく広島に来ていただいたので本会でもおもてなしをしよう
ということになりました。


まずは自己紹介!
ドイツ人と日本人でグループを組んで自己紹介をします。

皆さん仲良く話していますね。
ちなみに僕たちのグループは英語版のしりとりのようなゲームもして、
親睦を深めました!
S__26444210.jpg  S__26444208 (1).jpg

自己紹介をして仲良くなり緊張もほぐれてきたところで、
せっかくならばハノーバーの方々に広島国際青少年協会について
知ってもらおうと思いました。

そこで、本会について僕たちが20分間説明しました。
その後、ドイツのメンバーから感想を発表してもらいました。 

みなさん真剣に話を聞いていますね。

僕たちのグループではサマースクールについて紹介しました。
そこで使用する貨幣(ガバス)についてや、
その他のプログラムのことについて主に説明しました!

みんなで和気あいあいと会話をすることができ、
非常に楽しいひと時となりました。

しっかりと広島国際青少年協会のことを理解してもらえたようで本当に良かったです!
S__26444204.jpg  S__26444203.jpg

その後、先ほどのグループをチームとして、
ボードゲームの「お化けキャッチ」を行いました。

今回はハノーバーの方々が参加するということで、
特定の状況でドイツ語を使用する特別ルールを遊びの中に取り入れました。

一見、母国語をゲーム内で使用することができる彼らが有利なルールに見えるのですが、
白熱した皆一歩も譲らない戦いが繰り広げられました!

そして、ゲームを通して彼らとより仲良くなることができ、
非常に有意義なひと時を過ごせました!
S__26444275.jpg  S__26444273.jpg

ゲームを楽しんだ後は、グループごとに広島市内を散策!
自分たちがおすすめする場所に各々で行きました。

縮景園に行ったり、街へ出て買い物をしたりと
ハノーバーの方々と更に交流を深めました!

散策をしながら、広島についてや日本のことについて紹介することで、
新たに自分たちが過ごしている環境や文化について考えることができましたね。

散策は約1時間という短い時間でしたが、
ハノーバーの方々とのコミュニケーションなどを通して、
普段のお出かけでは味わえない経験をすることができました!

-------------------
今回の交流会を通して個人のつながりの重要性を感じました。
また、国家間のつながりは個人のつながりなくしては
考えられないものだということを感じました。

このことは今年4月のハノーバー 訪問でも感じたことでしたが、
今回の交流を通してそのことを再認識しました。
                              
                            見当祥晴(広島学院高2年)



posted by iyah at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2018年08月26日

ボードゲームカフェ「ジーク」開催!

ボードゲーム001_R.jpg

siegweb.pdf-001.jpg
siegweb.pdf-002.jpg
                                 (PDFはこちら!)

こんにちは!中野友弘です!

今年、そしてかつて「ぼくらの町」住民だったみんな!
リーダー達にもう一度会いたくないかい?

ボードゲームカフェ「ジーク」で、リーダー達がみんなを待っているぞ!

そして、今回は大人の部も開催します。
乞うご期待!!

☆前回のボードゲームカフェ「ジーク」の様子はこちらをチェック!☆

========================================
小3〜中学生の部
<日時>
2018.9.1 Sat  13:00〜17:00
*途中参加・途中退出OK
<場所>
公益財団法人 広島市文化財団 アステールプラザ 7階研修室
広島市中区加古町4−17
( https://goo.gl/maps/qGUkwG7DXJp )
<席数>
60席程度
<参加申し込み>  ※申し込み締め切り:8月27日(月)
以下の必要事項をご記入の上、メール、またはFAXでお申し込みください。
Email:shonen@hiroshimayouth.org / FAX :082-222-1587
・お名前
・住所
・学校名、学年
・年齢
・メールアドレス
・アレルギー(あれば)
・緊急連絡先と続柄
・保護者の送迎の有無
<参加費>
300円 

大人の部
<日時>
2018.9.1 Sat   18:30〜20:30
2018.9.2 Sun  13:30〜20:30 (高校生は18:00まで)
*途中参加・途中退出OK
<場所>
広島国際青少年協会事務所
広島市中区八丁堀6−4 スカイパークビル6F
( https://goo.gl/9xqb1C
<席数>
30席程度
<参加申し込み>  ※申し込み締め切り:8月27日(月)
https://goo.gl/forms/o9JtFWvLYVLphf353
こちらからアクセスし、必要事項をご記入ください。
<参加費>
チャージ料 300円 (ドリンク・軽食代別 1ドリンク制)

========================================
ボードゲームで遊ぶというのは、ただゲームをプレイするだけではありません。
みんなで楽しい雰囲気を作り上げていくことでもあるのです!

S__44212233.jpg  S__44212226.jpg

ときには知力をぶつけあい、ときには協力しあい、ゲームにのめり込んでいく…
ボードゲームはみんなで交流を深めるのにはうってつけ!

ぜひお気軽にお立ち寄りください。


★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆
お問い合わせ

一般社団法人広島国際青少年協会 事務局
〒730-0013 広島市中区八丁堀6-4 スカイパークビル6F
(白島線沿い、モスバーガー横のステーキ屋さんの入っているビルです)
Tel:082-222-1588
E-Mail:shonen@hiroshimayouth.org
posted by iyah at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2018年08月05日

サマースクール2018第3回運営会議 報告

こんにちは。及川です!
7月21日(土)〜7月22日(日)の1泊2日、
広島信用金庫研修センターにて行われた、
サマースクール2018第3回運営会議について報告します。

今回の研修の主なテーマは
・課題解決力・思考力・自己形成力の向上
・サマースクール本番のイメージアップ
の2つでした!

7月21日(土)
研修では、初めにパラダイス効果のワークが行われました。

「パラダイス効果とは、目をつぶって楽しいことを3分程度考え、楽しい気持ちで
頭がいっぱいになった時点で、大声でパ〜ラダイス!!と叫ぶとポジティブになれる」
という説明を受けました。
学生ブログ001_R.JPG  学生ブログ011_R.JPG

早速スタッフ全員で実践し、「パ〜ラダイス!!」という声が響いたところで種明かしです。
なんと…パラダイス効果というものは、存在もしない嘘のお話だったのです!!!

しかし、スタッフはパラダイス効果を信じこみ、実践してしまいました。

では、パラダイス効果のワークは何を目的に行われたのだろう
という疑問が出てきますよね。

このワークの真の目的は、批判的思考力を育てることだったのです!

このワークを通し、人から言われたことを鵜呑みにせず、
まず「それホンマ?」と批判的に考えていくことを学びました。


続いて、MISSION SUBJECTIVEというワークが行われました。

男女混合の5人チームを作り、
人間知恵の輪や風船リフティングといった課題をクリアする時間を競うのですが、
「チーム作りから課題クリアまで発言権は一人一回のみで、発言したらマスクを付ける」
というルールがあります。
学生ブログ013_R.JPG  学生ブログ015_R.JPG
学生ブログ014_R.JPG  学生ブログ012_R.JPG

そのため、自分がどこで発言をすれば、より早く課題をクリアできるかを
考える必要がありました。

私はこのゲームを通し、
他人任せにせず自分が行動するという主体性を持つこと、
自分がとった行動には責任を持たなければいけないことを実感しました。

同時に、自分が主体性を持って活動する大切さも実感できました。


ここで研修初日、午前の部は終了。
そして、みんな待ちに待ったお昼ご飯の時間です。
午後からの研修に向けて、エネルギーチャージです!


午後からは課題解決型R.P.G. Metacognizing Trajectoryが行われました。

ここではサマースクール中に起こりそうな課題を想定し、
その問題を解決する方法やプロセスを確認していきました。

スタッフは5人一組で
「プロセス導師」や「なぜなぜ妖精」、「わくわくさん」 といった
RPGの登場人物になります。

つまり、5人それぞれに課題を解決するための役割が与えられたのです。

プロセス導師は課題を解決するまでの手順を確認・実行し、
なぜなぜ妖精は「なんで?」「それホンマ?」と他のメンバーに問いかけることで、
原因を深く考えるよう促します。

また、わくわくさんは「議論に抜け・漏れはないか?」「重複はないか?」と考えることで、
議論が正しく進んでいるか確認します。

それぞが自分の役割に責任を持ち、
問題の整理や原因の特定、課題解決を図っていきます。
学生ブログ001_R.JPG  学生ブログ018_R.JPG
学生ブログ017_R.JPG  学生ブログ019_R.JPG

各チームがそれぞれのアプローチから、提示されたテーマの課題解決に向けて
問題を整理し、問題の真の原因=真因を特定していました。

私も、問題の真因は隠れたところにあるため、それを特定する難しさを実感しました。
また問題の隠れた真因を丁寧に見つけていく必要があることを、再確認しました。


そして、研修初日最後のプログラムはモチベーションマジック

モチベーションマジックとは、
サマースクールの準備に携わるスタッフのモチベーションを互いに高めるという
ゲーム型のワークです。
学生ブログ021_R.jpg  学生ブログ020_R.jpg

ゲーム中は相談者の意外な悩みが聞けたり、
回答者の素晴らしい解決策に刺激を受けたりと、
充実した時間を送れました。

また、自分の悩みを他のスタッフに解決してもらうことを通して、
自分の悩みも見方や考え方を変えれば、
案外簡単に解決できるものだと実感しました。

同時にサマースクールへのモチベーションが改めて高まりました!

7月22日(日)
2日目はサマースクール当日の動きをシミュレーションしました。

まず全体で日程を確認し、
その後はリーダー種別ごとに細かい動きを確認です。

このうち本部リーダーは、サマースクール当日に使用する物品の確認や、
写真撮影のタイミング確認といった「裏方」の仕事に関する確認を細かく行っていました。
学生ブログ002_R.JPG  学生ブログ003_R.JPG
学生ブログ005_R.JPG  学生ブログ004_R.JPG

事前に「トラブルが起こりそうな時間・状況を確認する」
「トラブルが起こった際の対処法を用意しておく」ことで、
事前にトラブルが発生しないように行動することができます。

スタッフの皆さんも今回のシミュレーションを通し、
改めて準備の大切さを実感したのではないでしょうか?

-------------------
今回の研修では、サマースクールまで1ヶ月を切ったということもあり、
サマースクールに直結する具体的な内容の話が数多くありました。
また、自分の発言や行動に責任を持つことや、事前の危険予測といった、
スタッフにとって必要な能力を改めて確認できました。

サマースクールまであと少しです。
暑い日が続きますが、皆さん体調に気をつけてお過ごし下さい!

次回の報告もお楽しみに!
学生ブログ006_R.JPG

posted by iyah at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録