ホーム ABOUT メンバー 活動記録 お問い合わせ

2019年11月24日

グループ対抗大運動会

こんにちは!

藤井礼菜です。

11月10日(日)に袋町小学校で行われたグループ対抗大運動会について報告します。

 

5月6日(月)に行われたグループ対抗大運動会は、

天候不良のため途中で中断となったので、

今回は待ちに待ったリバイバル(復活戦)です!

 

まずは、開会式がありました。

白井先生の「スポーツマンシップに則って、楽しく頑張りましょう!」の掛け声で、

グループ対抗大運動会の開始です!

 

最初の競技は、借り人競争でした。

走者はお題が書かれてあるボードまでカードを取りに走り、

お題に当てはまる人を自分のグループから探し出さなければいけません。

髪が長い人や協会歴が一番長い人など、さまざまなお題がありましたね!

みなさん、お題に当てはまった適切な人物を素早く判断することができましたか?

借り人競争の勝者は…

一回戦はフェニックス、二回戦はペガサスでした!

 

借り人競争が終わると、休憩の時間です。

各グループ、昼食をとったり、遊んだりして

楽しい時間を過ごすことができていましたね。

 

 

休憩も終わり、体力も回復したところで

第二競技は、綱引きです!

力持ちのリーダーが先頭に行くか、最後尾に行くか、

各グループよく作戦を立ててから臨んでいました。

綱引きの勝者は…、

一回戦はフェニックス、二回戦はフィリップ、三回戦はフィリップ、四回戦はペガサスでした。

いよいよ接戦になってきて、負けられないという意気込みが

各グループからひしひしと伝わってきましたよ!

 

第三競技は、「心・技・体」です。

「心」は、みんなで知恵を出し合い、頭をフル回転させる競技です。

とても難しい問題だったと思いますが、答えを導き出せたでしょうか?

「心」の勝者は…、フィリップでした。

 

「技」では、ぐるぐるバットを10回した後、バケツから水をコップへと汲み、

それをハードルなどの障害物をうまく交わしながら、

リレー形式で次の人へとバトンタッチしていきます。

足の速さだけでなく、自分が汲んだ水の量も得点に大きく関わってきます!

私もやってみましたが、コップなみなみのお水に気が取られてしまうと、

足元がおぼつかなくなり、こけてしまいそうになった場面があって、意外と難しかったです!

「技」の勝者は…、速さはペガサス、水深はフェニックスが一番でした。

 

「体」では、2人3脚ならぬ8人9脚で競争です!

各グループ、リズムを言い合ったり、最初に出す足を決めたりして

テンポよく順番を回せていましたね。

「体」の勝者は…、ペガサスでした。

 

運命の別れ目である最後の競技は、「グループ対抗選抜リレー」です。

グループ対抗大運動会において、一番の盛り上がりでしたね!

グループ対抗選抜リレーの勝者は…、ペガサスでした。

ちなみに、応援の勝者は…、フィリップでした。

(応援の勝者は、いつもお世話になっている

事務局の篠原一代さんに決めていただきました!)

 

最後は、閉会式で楽しかった大運動会の締めくくりです。

気になる優勝者は…、総合得点1050点のフィリップでした!

2位は950点のペガサス、3位は900点のフェニックスでした。

ずっと目が離せない接戦の運動会でしたね。

 

今回のグループ対抗大運動会はいかがだったでしょうか?

競技に真剣かつ楽しく取り組み、

他のグループに対しても応援を頑張っていた

みんなの姿を見て今まで以上に、

よりグループのことを好きになってもらえたのではないかなと嬉しく思いました。

 

これからもグループ活動、楽しんでいきましょう!

                藤井礼菜(広島大学2年)

posted by iyah at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他