ホーム ABOUT メンバー 活動記録 スケジュール お問い合わせ

2016年12月19日

フェスティバル江田島 報告

こんにちは、藤川です。

11月20日(日)に行われた「フェスティバル江田島」の報告です!


「フェスティバル江田島」は毎年11月に江田島青少年自然の家で開催されるイベントです。

本協会はスクールなどで利用させていただいていることもあり、
毎年子どもたちが遊べるブースを展開しています。

今回は中学生会員と一緒にフェスティバルの前日から1泊2日で参加しました!


・1日目

フェリーで江田島へ!

到着後、翌日の「フェスティバル江田島」に向け準備をします。
今年は「ゴーカート」「ゴルフ」「ひゅーすとん」「四目並べ」の4つを展開することに。

チームに分かれ、早速準備開始!

20161119-20_フェスティバル江田島_008_4.JPG IMG_4413.jpg

どこに何を配置するかなどを中学生中心に考えてもらいながら、遊具を設置していきます。
自分たちも遊びながら和気あいあいと準備していきました!


夜は道方リーダーによるワークショップ、
「三匹のこぶた」裁判!

これはNHKで取り上げられた題材です。
昔話「三びきのこぶた」に基づき、裁判員の立場に立って
「正当防衛で無罪か?」「計画的犯行で有罪か?」を考えます。

まずは動画を見て、「検察官」「弁護人」「正当防衛」…などなど、
普段何気なく使っている裁判用語だったり、裁判というものの流れだったりを学びながら、状況を整理!

IMG_4426_1.jpg IMG_4427_1.jpg

木村充先生からメモのとり方を教わりながらだったので、
しっかりとしたメモがとれたのではないでしょうか。

休憩を挟んで、グループに分かれての対話へ!

改めて「正当防衛」について理解を深めながら、
グループで判決についての意見を交わします。

IMG_4430_1.jpg IMG_4431_1.jpg

論理的に整理して、人に意見を伝えることに悪戦苦闘する場面も…
しかし、自分の意見をしっかりと主張することができていましたね!

そして、各グループの判決を聞き、まとめに。

普段なかなかふれることのない「裁判」というものを通して、
社会についての理解が深まるいい経験になりました!


・2日目


いよいよフェスティバル当日!!

朝、フェスティバルに向けての最終準備を行います。

20161119-20_フェスティバル江田島_078.JPG 20161119-20_フェスティバル江田島_070.JPG

素敵なブースのセッティングができました。


そして、フェスティバルがスタート!
4つの遊びはどれも人気でした。

20161119-20_フェスティバル江田島_091.JPG 20161119-20_フェスティバル江田島_110.JPG 20161119-20_フェスティバル江田島_114.JPG 20161119-20_フェスティバル江田島_107.JPG

中学生は、子どもとどのように接して、どのようにしたら楽しんでもらえるか
考えていました。
子どもたちの笑顔を見ることができた時の喜びは、嬉しいものですね!

遊びに来てくれた子どもたちと一緒に、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。


未来のリーダーである中学生は、スクールなどとは少し異なった体験をして、
色々なことを学ぶことが出来たのではないでしょうか。

自分のため、誰かのために活動をしていくことは素晴らしいことですね!
これからも一緒に楽しく活動をしていきましょう。

20161119-20_フェスティバル江田島_143_1.JPG

posted by iyah at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178097344
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック