ホーム ABOUT メンバー 活動記録 スケジュール お問い合わせ

2018年03月04日

ダイアローグ・プレイス 報告

こんにちは!西岡です。
2月17〜18日の2日間、西条共同研修センターにて、
ダイアローグ・プレイスが開催されました!

さて突然ですが、
みなさんは「ブラックコーヒーを飲む」という行為に、どのような印象を持ちますか?
きっと、多くの人が「大人っぽい」という印象を抱くと思います。

しかし、「ブラックコーヒーを飲む」という行為自体に、そのような意味はありません。
ある行為の示すものは、社会と結びついて意味づけられています。
(この考え方を、「社会構成主義」あるいは「社会構築主義」といいます。)
人間が持つ価値観についても同様に説明できます。

そこで、「価値観の違い」を明らかにし、自己や他者を理解する方法の1つとして、
今回のテーマである「ダイアローグ(Dialogue:対話)」があるのです。


今回、プログラムを始める前に、みんなで研修センターの周りを散歩しました。

これから2日間、さまざまなことについて語り合うということもあり、
「どんなことをするのだろう」と、心が落ち着かなかった人もいたかと思います。

そんな時に、街中の喧騒から少し外れた場所にあるこの研修センターの
辺りを散歩したことで、のどかな雰囲気と相まって、話がしやすい和やかな
気分になりましたね!
a.jpg b.jpg


散歩で気分も爽やかになったところで、最初のプログラムは「嘘つき自己紹介」!
これは、「幼少期・小学生・中学生・高校生以降」の4つの時代のうち、1つだけ
嘘のエピソードを交えながら、自己紹介をするというものです。
c.jpg d.jpg

みんな巧妙に嘘をついて、自己紹介をしていました。
素朴な嘘から、とんでもない嘘まで、さまざまな嘘が飛び出しましたね!
嘘を明らかにした「本当のエピソード」は印象に残って、また1つ、仲間のことを
知ることができたのではないでしょうか?


次のプログラムは「勝手にハッピーエンドゲーム」!
これは、仲間が抱えている将来の悩みを、その人が挙げた
「“その人自身”を表すキーワード」を使いながら、自由気ままに
明るい未来図を描いて、悩みを解決するゲームです。
e.jpg f.jpg

友達の悩み相談に乗るのって、なかなか大変なことですよね。
でも、その悩みをハッピーに解決すると、自分も相手もとても幸せな気持ちになって、
悩みなんて吹き飛んでしまいそうになりましたね!

同じグループのメンバーの解決方法に、「なるほど」と感嘆した人もいたのではないでしょうか?
読者のみなさんも、楽観的なお悩み解決を試してみてはいかがですか?


1日目最後のプログラムは「価値の序列」。
これはまず、「真実」や「愛情」などの異なる8つの価値を、自分が
大切にしたいと思う順番に並べます。その後、グループで意見交換をし、
最終的に、グループとしての総意をまとめました。
g.jpg

私たちのグループでは、みんな異なる主張をして、なかなかうまくグループでの
合意が得られませんでした。

しかし、その「意見の相違」としっかり向き合うことが、とても大切なことだと思います。
なぜなら、価値観の違いが明らかになることで、自己や他者を理解するための
「ダイアローグ」の効果が、十分に発揮されるからです。

自分の意見を主張して「自己」を知り、仲間の主張を聞いて「他者」を知る。
この価値観の交流が、自分の思想を豊かなものにしてくれていると感じました。



翌日、朝のプログラムは「思考実験」。
このプログラムでは、ある状況が提示され、自分ならどの立場に立って
考え行動するのかを考えました。さらに、状況が少し異なるとき、自分の意見が
変化するかどうかなど、自分の価値観が揺らぐ境界に迫りました。

私たちのグループでは、3つの事柄について議論を行いました。
なかでも私は、「誰も傷つかなければ、何をしてもいいのか」という場面を
扱ったものに、とても関心を持ちました。

私はこの議論によって、自分は「少しのリスクでも気にすべき」という
信条があることに、はっと気づかされました。
また、自分の知らない「自分」に気づくことができて、
「自分」の世界が広がったように思いました。


お昼ご飯を食べた後は、日ごろの悩みを相談したり、今後のことを語り合ったりと、
普段なかなか長時間話せない人たちと、多くの話をしました。
私もいろんな話を聞いて、いろんなことを話しました。

普段、口数が少なく長話をしない私ですが、
こうして仲間と語る時間は、大切なもののように感じました。
やっぱり、「対話」って大事ですね。


=========
今回のダイアローグ・プレイスに参加してみて、私は「自分」について、
もっと深く考えてみたいなと思いました。

「『自分』はどんな人間で、何を大切にしているのか?」
自分に正直に生きるために、「『自分』を知りたい」と強く思うようになりました。
そのために、創造的なコミュニケーションである「対話」を、大切にしていきたいです。

h.jpg
今回の報告は以上です。
次回の更新も、ぜひお楽しみください!


posted by iyah at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182571608
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック