ホーム ABOUT メンバー 活動記録 スケジュール お問い合わせ

2018年06月21日

サマースクール2018第1回運営会議 報告

こんにちは。久住です!
6月9日(土)〜6月10日(日)の1泊2日、
国立江田島青少年交流の家にて行われた
サマースクール2018第1回運営会議について報告します。

今回の研修の主なテーマは次の2つです。
・スタッフのチームワーク力の向上
・スタッフの課題解決力の向上

このテーマに沿って、
グループワークや野外炊飯、ケーススタディなどを行いました。


6月9日(土)
フェリーに乗って、いざ江田島へ。
学生ブログ045_R.jpg  学生ブログ001_R.jpg


青少年交流の家に着いたら、
施設オリエンテーション、研修のねらい・サマースクールのスローガンの共有等が
行われました。
学生ブログ002_R.JPG

みなさん、サマースクールの3つのスローガンを覚えていますか?
・子ども一人ひとりのことを本気で想え
・考えて考えて考え抜け
・何事も自分事とせよ

たとえ、スタッフ一人ひとりが、考えて考えて活動していたとしても
子ども一人ひとりのことを本気で思っていなければ
その活動は良いものとはなりません。

また、この3つのスローガンを意識していなければ、
スタッフの力が色々な方向へと分散してしまいます。

このように、スローガンを意識するということは、
サマースクールを作り上げるために決して欠かせないものなのです。


その後は、昼食の時間

「これ、美味しいね。」から始まった2人小さな会話が、
テーブル全体の会話へと広がっていきました。
学生ブログ004_R.jpg  学生ブログ008_R.jpg
学生ブログ007_R.jpg  学生ブログ006_R.jpg

様々な話題へと発展していくことが、
話していて、聞いていて、とても楽しいものでした。


ごはんを食べて、エネルギーを蓄えた後は
自己紹介ワーク「ぼくらの世界線」が行われました。

このワークでの世界線とは、人生のこと。
そして人生には
『もし、あの時、あの経験をしていなかったら、今の自分はない。』
というような分岐点(ターニングポイント)が多く存在します。

「ぼくらの世界線」では、自分のターニングポイントを
グループに分かれて発表!
学生ブログ009_R.jpg  学生ブログ010_R.jpg
学生ブログ011_R.jpg  学生ブログ014_R.jpg

人生にはたくさんのターニングポイントがあるため、
選ばれたターニングポイントは
発表者が何を大切にして生きているかを示していました。

グループでの発表の中で、
「これ以上ないくらい頑張ったから、後悔はない。」と口にした時の
発表者の表情が心に残っています。

その表情から、妥協することなく何かをやり遂げるは
辛いことではなく楽しいことなんだと感じました。

また、私自身のターニングポイントについて考えた際に、
今までなんとなく世界線を選択してきたことを実感しました。
ターニングポイントがほとんど浮かばなかったのです。

わたしは『あの時、〇〇してれば今頃は…』と後悔することがたくさんあります。
人生ってこんな風に、たくさんの後悔を抱えながら生きていくものなのかと
思っていました。

今回のワークで、後悔をするのは分岐点に経った時に
一生懸命考えもせずに世界線を選択しているからだと学びました。

これから後悔のない人生を歩んでいくために、
納得できる方向はどちらなのかを考え抜いて、
選び進んでいこうと思います。


自己紹介ワークの後は、リーダーシップについてのワークです。
学生ブログ015_R.jpg  学生ブログ016_R.jpg

リーダーシップとは、リーダーだけが発揮するものではなく
チームの一人ひとりがチームにとって良い働きかけをすること。

この定義にたどり着くために、段階を踏んで考えていきました!

リーダーシップについて理解したところで、
「サマースクールのリーダーとして効果的なリーダーシップを発揮するためには
〇〇のような行動が必要である」という自分なりのリーダーシップ持論をつくり、
この持論に対応した実践目標を立てました!


引き続いて、リーダーシップの実践として野外炊飯を行いました。
みんな、先程立てた実践目標の達成を目指します!

用意されたのは、食材と調理器具のみ。
作り方をインターネットで調べるのはNGです。

チームのメンバーそれぞれが、カレー完成を目指して
積極的に動いていきます。
みんなが、他人任せにせず自分は何が出来るかを考え続けました。
学生ブログ017_R.jpg  学生ブログ020_R.jpg
学生ブログ021_R.jpg  学生ブログ022_R.jpg
学生ブログ023_R.jpg  学生ブログ024_R.jpg

そしてそして、カレーの完成!!!

メンバー全員がそれぞれ異なるリーダーシップを発揮し、
作り上げることが出来ました。
味はもちろん美味しかったです!
学生ブログ025_R.jpg  学生ブログ026_R.jpg
学生ブログ027_R.jpg  学生ブログ028_R.jpg
学生ブログ029_R.jpg  学生ブログ030_R.jpg


研修初日の最後はケーススタディです。

ケーススタディでは、実際にサマースクールで起きた事例をもとに
自分ならどう行動するかを考えました!
学生ブログ031_R.jpg  学生ブログ032_R.jpg
学生ブログ033_R.jpg  学生ブログ034_R.jpg

ケーススタディでは、過去の事例の分析を通じて、次の2点を狙っています。
・将来の課題に対して応用可能な法則や原理の構築
・思考プロセスを繰り返す繰り返し行うことで、課題解決的思考が自然とできるようになる

私たちのグループは、まず、
この場合はどうするか、あの場合はどうするかというように
様々なケースを書き出しました。

その後、「なぜ?」と問いかけあいながら行動の選択を行いました。

このケーススタディを通して、
大切なことは“正解”を選択することではなく、
なぜそれを選択したかを言えることだと学びました。


6月10日(日)
朝の集いから一日が始まります。
司会を、芳野リーダーが行いました。
学生ブログ035_R.jpg  学生ブログ001_R.JPG

スムーズな進行でしたね!


集いの後、歌の練習を行いました。

歌のお姉さんである今井リーダーの指導のもと、
みんなでグーテンモルゲンを歌いました!
学生ブログ036_R.jpg  学生ブログ037_R.jpg
学生ブログ038_R.jpg  学生ブログ039_R.jpg

歌を歌うと体も温まり、気持ちが明るくなります。


片付け(退所点検)、朝食の後は
安全管理についてのお話

事後を防止するためには様々な配慮が必要となってきます。
子どもたちの安全を守り、スクールが円滑に進むように
準備を進めていきます!


続いて、昨夜のケーススタディの続きを行いました。

前日考えたことをもとに、判断を下した後とるべき対策を考えていきます。

わたしは、
何を根拠にその判断を下したのか
何を目的にその判断を下したのか
この2点を意識して考えました。

サマースクール本番には
『もしかしたら、〇〇をした方が良かったんじゃないか。』
と判断を疑う時間はありません。

行うべきなのは、判断を後から振り返った時に
『あの判断をしてよかった。』と思えるよう
判断をする際に考え抜くこと、そしてその後の対策を考えることです。

ただ、考え抜くということは一朝一夕で出来るものではありません。

サマースクールでの自分の行動を後悔しないために、
ケーススタディだけに限らず、
様々な活動の中で考え抜くことを練習していこうと思います!


その後は、チームごとに分かれて研修が行われました。
学生ブログ040_R.jpg  学生ブログ041_R.jpg
学生ブログ042_R.jpg  学生ブログ043_R.jpg

1時間という限られた時間の中で何をやるべきなのかを考え、
行うことができました。


最後にまとめが行われました。

2日間の研修を通して、印象に残ったこと、学んだこと、
新たに気づいたことを振り返りました。

研修での学びを自分のものにするために
その場一時の振り返りで終わらすのではなく、
持ち帰ってしっかり振り返りを行っていこうと思います!


2日間の研修も終わりを迎え、広島港へと戻ってきました。

みなさん、チームワーク力と課題解決力はどれくらい向上したでしょうか。

サマースクール本番まで、約2ヶ月。
これからの研修や準備を通して、この2つの力を更に向上させていきたいです。
学生ブログ001_R.JPG


次回の報告もお楽しみに!

posted by iyah at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183549629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック