ホーム ABOUT メンバー 活動記録 スケジュール お問い合わせ

2019年04月05日

卒業生を送る会 報告

こんにちは。及川学です!
3月21日(木・祝)にJMSアステールプラザと広島市内の飲食店にて行われた
「卒業生を送る会」について報告します。



今年度をもって、長らく広島国際青少年協会を支え続けて下さった
河本晟爾リーダー
大原有希絵リーダー
のお二人が大学院を卒業し、新社会人となられます。
卒業生を送る会は第一部と第二部の2部構成で行われ、
リーダーたちは卒業生のお二人と最後の思い出をつくり、卒業をお祝いしました。


第一部
第一部は、卒業生との最後の思い出づくりの時間となりました。ここでは、
リーダー同士の共通点を探す「共通点探しゲーム」
答えが思い浮かばない!?「卒業生クイズ」
チーム対抗で一筆書き!「一筆書きゲーム」
の3つのゲームを行いました。


「共通点探しゲーム」は、同じテーブルに座ったリーダー同士で会話し、
司会の山磨リーダーが事前に考えた全員の共通点を見つけるゲームです。
自分たちの共通点を見つけるため、血液型や特技、協会での活動など、
さまざまなジャンルの会話を交わしました。
1.JPG 3.JPG

無事に共通点を見つけることができたチームは、思わずガッツポーズ!
2.JPG

普段会う機会が少ないリーダー同士も、意外な共通点を見つけることができ、
親近感が深まりました。


「卒業生クイズ」は、卒業生にまつわるクイズをリーダーたちが解く、というものですが…
実はこのクイズ、卒業生の幼少期にまつわる問題や卒業生の印象を聞く問題など、
付き合いが長いリーダーもすぐに答えられないような難問揃い!
同じテーブルのメンバーで必死に知恵を絞り、白熱した時間を過ごしました。
4.JPG

「一筆書きゲーム」では、参加者を河本リーダーのチームと大原リーダーのチームに分け、
与えられたお題を一筆書きで書くというゲームを行いました。
書いた絵は河本リーダーと大原リーダーが見て、相手チームが何を書いたか当てます。

慣れない一筆書きに苦戦するリーダーたち。
絵を解読する大原リーダーも、思わずこの表情です。
5.JPG 6.JPG

果たして、書かれた絵のお題は何だったのか?
気になった方は、ぜひリーダーに聞いてみて下さい!


第二部
第二部は広島市内の飲食店に移動し、卒業生との思い出を振り返る時間を過ごしました。

会場のあちこちから笑い声が聞こえる和やかな雰囲気の中、
リーダーたちは卒業生との思い出話に花を咲かせました。
時間のある限り卒業生との思い出を振り返り、共に語り合います。
7.JPG 8.JPG

楽しい時間もあっという間に過ぎ、いよいよ会もクライマックスです。
学生スタッフ代表の道方リーダーからの送辞と、メッセージカードの贈呈が行われました。
送辞やメッセージカードを通して、学生スタッフから、
卒業生のこれまでの活躍に対する感謝の気持ちを伝えました。
9.JPG

11.JPG 10.JPG

そして、最後に卒業生のお二人から挨拶がありました。
お二人からは協会への熱い想いと今後の抱負、そして学生会員へのメッセージを頂き、
皆が真剣に聞き入っていました。

卒業生へのねぎらいや感謝の気持ち、そして寂しさなど、
最後まで笑顔と涙があふれる第二部となりました。
12.JPG

河本晟爾リーダー、大原有希絵リーダー、ご卒業おめでとうございます。お疲れ様でした!
――――――――
リーダーたちはいつか必ず卒業し、社会へと旅立ちます。
しかし卒業していくリーダーたちから、彼らの熱い想いはしっかりと受け継がれています。
たとえ卒業したリーダーに会えなくなっても、
スクールや会員活動にかける想いは決してなくなりません!

卒業するリーダーとの別れはとても寂しいものですが、
春は、別れと出会いの季節。
今後の会員活動も、4月から新しいスタッフと出会うことで、
もっともっとよりよいものにしていきます。
来年度の活動も、ぜひご期待下さい!報告ブログもお楽しみに!

                               及川学(広島大学2年)
posted by iyah at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2019年04月03日

進級おめでとう会 報告

こんにちは。及川学です!
3月21日(木・祝)にJMSアステールプラザにて行われた「進級おめでとう会」について
報告します。

進級おめでとう会では、最初に来年度の目標設定を行いました。
「進級を祝う会なのに、なぜ目標設定をするの?」と思う方もいらっしゃると思います。

しかし、実は目標を設定することには大きな意味があるのです。
ある大学の研究によると、自分の目標を設定し、それを紙に書いた人は、
目標を立てた10年後に調べると、なんと…
そうしなかった人より平均13倍も年収が高かったそうです!

どうでしょうか?目標を設定することで、将来の自分にとてもいい影響を与えることが
できるのです!
1.JPG

目標設定ではまず、自分の未来像について考えました。
未来像について考えることで、ただ目標を設定するのではなく、
理想の自分になるための具体的な目標設定を行うことができます。

考えた自分の未来像は、同じテーブルに座っている会員同士で共有しました。
「あの人は、将来こんな風になりたいのか!」という新鮮な驚きや、
「他の人は具体的な未来像を持っているんだな」など、新たな発見が沢山ありました。

自分の未来について考えた後は、1年後の自分の姿について考え、実際に目標設定を行いました。
2.JPG 3.JPG

10段の跳び箱を飛べるようになりたい。
自動車の運転が上手くなりたい。
体を鍛えてムキムキになりたい。など…
小学生から大学院生まで、それぞれが描く「1年後の理想の自分」は違いますが、
皆が真剣に1年後の姿を想像し、そこに近づくための目標を設定していました。


目標を設定した後は、会員の進級をお祝いしました。
今回は、1つ学年が上の会員から、「門出」という花言葉をもつスイートピーの花を
手渡してもらいました!
1つ学年が上の会員からは、1年間頑張れるような素敵なメッセージももらいましたね。
4.JPG 5.JPG

さらに代表理事の井内康輝先生から、参加者全員にトートバッグのプレゼントもありました!
大事に使っていきたいです。
6.JPG

――――――――
「進級おめでとう会」では、会員同士がそれぞれの進級を祝うと同時に、
来年度に向けた目標をじっくり考えることができました。

私もこの会で、今年1年間の生活を改めて振り返り、
今の自分よりもっと成長できるような目標を立てることができました。

ふだん日常生活を送っていると、しっかり時間を取って目標設定する機会はあまりないものです。
そのため、1年の節目となる3月に目標を立てることで、
自分が立てた目標を意識して、新たな一年を力強くスタートさせることができます。

会員の皆さん、進級おめでとうございます!
4月から新たな学年に進級しますが、この会に来た人も来れなかった人も、
自分が設定した目標に向かって、新学期から頑張って下さい!
私も自分の目標を意識し、理想の自分に近づけるように過ごしていきたいと思います!

                               及川学(広島大学2年)
posted by iyah at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2019年03月21日

進級おめでとう会 目標設定カード作り方

こんにちは!黒川託廊です。

3月21日(木・祝)に開催された進級おめでとう会では、目標を立てました。
みんな、1年後の目標をしっかり立てられていました!

目標を書いたカードは、実は、階段の形になるんです!

作り方はこちら!
目標設定カード 作り方-1.jpg

PDFはこちら

立てた目標に向けて、一段ずつステップアップしていきましょう!
ぜひ、出来たカードは目立つところに飾って下さいね。

進級おめでとう会の詳しい様子は、また後日公開します!お楽しみに!!
(広島大学3年 黒川託廊)
posted by iyah at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2019年03月16日

自学の日 報告

こんにちは!三栗野優希です。
3月3日(日)に、アステールプラザで「自学の日」を開催しました。
今回の目標は「集中しようと頑張る!」
子どもたちもリーダーも関係なく、一生懸命頑張りました。
図1.png 図2.png

まず最初に「計画立て」を行いました。
今日1日でどんなことをやるのか紙に書いていきましたね。
できるだけ具体的に書くのが大切なのですが、これが意外にむずかしい…
お互いに質問し合うことで、より具体的にしていきました。

さて、いよいよ勉強です。
1日で45分間×4回の勉強に挑戦しました。
勉強の間には、みんなでレクをしました。
頭の切り替えが大事だということを実感できたのではないでしょうか?


4回目の45分間が終わったあとは、みんなへとへとでしたね。集中していた証拠だと思います。
今日の目標は全員達成です!

最後に、「振り返り」です。
ここで大事なのは、自分ができると思った量と、実際に自分ができる量の差を知ることです。
実際に自分がどれぐらいできるのかを正しく知ることで、
次の計画をもっと正確に立てることができます。

振り返りはとっっっても大事なことなので、
ぜひ自分で勉強するときも続けてみてもらいたいなと思っています。
図3.png

次回の自学の日の開催は、4月6日(土)です!
リーダーたちに相談もできますよ!ぜひきてみてくださいね。
                            三栗野 優希(広島大学3年)
posted by iyah at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2019年03月13日

ボードゲームカフェ「ジーク」 報告

こんにちは。黒川託廊です!
3月2日(土)にアステールプラザにて行われた、
ボードゲームカフェ「ジーク」について報告します。
01.jpg 02.jpg

ボードゲームカフェ「ジーク」は、毎回大盛況で、
先日はなんとテレビ取材もされました!!
子どもたちは緊張しながらも、
しっかりとインタビューに答えていました。

こうやって、どんどんボードゲームカフェが有名になっていくのは嬉しいですね。
03.jpg

今回のボードゲームカフェも、盛り上がりました!

やりたいボードゲームを選んで、
一緒にやる友達が集まったら…
ゲームスタート!
04.jpg

05.jpg 06.jpg

実際に面と向かって話をすることは、
ボードゲームの魅力の一つです。
子どもたちは、初めて会った友だちとも
ボードゲームを一緒に楽しんでいました!

僕自身、こうやってみんなが仲良くなっていく姿を見ると、
とても嬉しい気持ちになります!

また、今回のボードゲームカフェで僕が印象に残ったのは、
子どもたちが片付けまできちんとやってくれたことです。

自分が使ったものは自分で片付ける。当たり前のことですが、
それがきちんとできることは素晴らしいことです。
07.jpg

みんなえらい!!


次回のボードゲームカフェは4月21日(日)、
場所は留学生会館で開催します。
08.jpg

リーダーはみんなの参加を心待ちにしています!
ぜひ、一緒にボードゲームを楽しみましょう!!

                        黒川 託廊(広島大学3年)
posted by iyah at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2019年03月11日

チャレンジの現場 報告

こんにちは!川野日菜子です。
2月23日(土)〜24日(日)に、宮島にて「チャレンジの現場」を行いました!

今回のチャレンジの現場は、「タンドール窯づくり」にチャレンジ!
他にも、ナン&カレー作りやFacebook投稿、ウェビングマップなどに
挑戦しました。


広島駅に集合!
1.jpg

実は、集合の時からチャレンジの現場は始まっています。

いつもは、リーダーが受付をしたり、切符を買ったりしていますが、
今回は、チャレンジの現場ということなので...
受付や切符の購入も、自分たちで行いました!!
2.jpg

「大人数の切符を買うの初めて!」
「ICOCA使っているから、切符使うの初めてだ!」など
嬉しそうな声が聞こえてきました。

初めて切符を使う子も、切符を無くさずに自分で管理できましたね。

電車だけではなく、フェリーの切符も自分たちで買いました。
3.jpg  4.jpg

人数も正確に伝えて、全員分買えましたね!


施設に着くと、さっそくタンドール窯&ナン&カレー作り!!
それぞれ持ち場に分かれて、役割を果たしました。

中には、自分の持ち場が終わったら他の場所を手伝っている子もいました。
凄いですね。
6.jpg  8.jpg

材料リストや手順が書かれた紙を見ながら、みんなで協力して作れました(^^)
10.jpg  11.jpg
12.jpg  13.jpg

みんなで協力してつくったナンとカレーは、格段と美味しかったですね。
「おかわり!」と子ども達は、嬉しそうな表情を浮かべていました。
15.jpg


ごちそうさまをした後は、誰か一人に任すのではなく全員で片付けです。
最後の最後まで片付けをしている子も!
16.jpg  17.jpg
18.jpg  19.jpg


夜のプログラムはウェビングマップ作りにチャレンジ☆彡

ウェビングマップとは、
キーワードになる言葉からイメージするものをつなげていくものです。

今回は「宮島」をキーワードに、次の日に挑戦する活動を決めるヒントを探しました!
20.jpg  21.jpg

グループ分けで苦戦しているチームもありましたが、
宮島から連想して、次の日へ思いを高めるのはできたのではないでしょうか。

スタンプラリーを考えたグループなどもありましたね。
22.jpg  23.jpg


2日目は、高見史織リーダーのレクリエーションからスタート!
おはようハイタッチや膝タッチで体が温まりました。

みんなにハイタッチはできたかな?
朝から、元気が出る素敵なレクリエーションの時間でした。
24.jpg  25.jpg
26.jpg  27.jpg


レクの後は、お茶を注いだり、おにぎりをにぎったり
朝食の準備も自分たちで行いました。
28.jpg  29.jpg


いよいよ、自分たちの決めたことにチャレンジ!!
決めるのと実際にやるのは、少し違って難しいですよね。
30.jpg  31.jpg
32.jpg  33.jpg


あるグループは「10ヶ国の外国人と話すまで帰れま10」をしていました。

最初は、話しかけられない!といっていた子も、
みんなが話しかけてみるのを見て、勇気をだして話しかけることができました!


やりたいことや簡単なことは、すぐに行動できるけど、
出来ないことや不安なことには中々取りかかれませんよね。

でも、「周りの友だちの支えがあったら、出来ないことや不安なことでも
取り組むことができるんだ」と思った瞬間だったのではないでしょうか。

他のグループは、
お金を大切に使うことや、スタンプラリーなどに挑戦していました。


観光もグループで楽しみました。
おそろいの物を買ったグループもいたようです!
34.jpg  35.jpg
36.jpg  37.jpg


また、今回はFacebook投稿にチャレンジ!ということで、
5人の子ども達が文章を考えたりや写真を撮影しました!

チャレンジの現場の様子が、子ども達の言葉で書かれています!!
是非、ご覧ください!
https://www.facebook.com/hiroshimayouth/posts/2136611239736908
 
38.jpg

======================
今回、カレーをつくった子が
「28人分のカレー作ったの初めて!親戚が集まった時に
大人数の料理をつくっているおばあちゃんって大変なんだなって思った!」
と言っていました。

まさに、百聞は一見に如かず、ですね。
経験してみて初めて分かることもあります。

宿泊が不安だな、友達できるかな、嫌な思いするかもと、
いろんな気持ちがあると思いますが、
思い切ってチャレンジの現場に出てみませんか?

その一歩が踏み出す勇気もチャレンジの一つですね。

次回のチャレンジの現場は6月に行う予定です!
やったことないこと、勇気が出なくてできなかったことなど、
様々なことに取り組めるのが、チャレンジの現場の良さだと思います。

みんなに会えるのを楽しみにしています!!

                             川野 日菜子(広島大学3年)
posted by iyah at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2019年03月08日

ボードゲームカフェ「ジーク」 報告

こんにちは!西岡幸輝です。
2月10日(日)、広島市留学生会館にて、
ボードゲームカフェ「ジーク」を開催しました!
DSC04125.JPG  DSC04141.JPG

今回のボードゲームカフェも、
「子どもの部」と「大人の部」の2部構成で行いました。
まずは、「子どもの部」から見ていきましょう!


<子どもの部>
今回も、多くの子どもたちが参加してくれました。

参加してくれたみんなと、いろんなボードゲームで遊びましたね!
DSC04112.JPG  DSC04101.JPG

こうやって、みんなでボードゲームを囲みながら、
ボードゲームに熱中したり、お話しながら一緒に楽しんだりすると、
同じボードゲームをした「友だち」ができた、っていう感じがしますね!

一緒に遊んでいたら、見てのとおり、自然と笑顔が増えますよね!
DSC04121.JPG  DSC04120.JPG

さて、このボードゲームカフェ「ジーク」ですが、
電子版中国新聞に掲載されたり、広島テレビの「テレビ派」で特集されたりと、
脚光を浴び始めていて、非常にうれしく思います!

次回のボードゲームカフェは、4月21日(日)、
場所は同じく留学生会館です。
DSC04146.JPG

ぜひ、一緒にボードゲームを楽しみましょう!


<大人の部>
「子どもの部」の後には、「大人の部」が開催されました!

「大人の部」には、リーダーの友人をはじめ、
さまざまな方に来ていただき、お菓子を食べたり飲み物を飲んだりしながら、
一緒にボードゲームで遊び、楽しいひとときを過ごしました。

僕も、「ねことねずみの大レース」というボードゲームを楽しみました。
このボードゲームは、自分のねずみがねこに捕まらないようにしながら、
多くのチーズを手に入れた人が勝ちという、いたってシンプルなものです。

しかし、どのようにしてチーズを手に入れるか、という戦略に運がからみ、
大学生の僕や、一緒に対戦した方々も盛り上がるとても面白いボードゲームでした!

ボードゲームで会話が生まれ、同じ卓の人と親しくなれる、
ボードゲームカフェ「ジーク」は、そういう良い機会だなと感じました。

今回のボードゲームカフェに来ていただいたみなさん、
本当にありがとうございました!

またのご来店を、心よりお待ちしております!!

                             西岡 幸輝(広島大学2年)

posted by iyah at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2019年02月28日

春のホリデースクール2019第2回運営会議 報告

こんにちは!伊藤にほです。
2月17日(日)に行われた
春のホリデースクール2019第2回運営会議について報告します。

今回の運営会議は広島国際青少年協会事務所、
東広島市市民協働センターの2箇所で行われました!
DSC04193.JPG  190218_0036.jpg


運営会議を始める前に、
今回から新しく加わった5人のリーダーの紹介がありました。

2箇所開催ということもあり、4人のリーダーと直接話すことができなかったので、
次に会ったときにはぜひたくさんお話してみたいと思います!


新規リーダーの紹介を終えたところで、
前回の運営会議のおさらいと今回の運営会議について説明がありました。

前回の運営会議では、春のホリデースクール2019での
「育成したいリーダー像」
「開催目的」
「コンセプト」
の理解が目的でしたね。

更に今回の運営会議では、春のホリデースクール2019での
「リーダー種別」
「プログラム」
「発揮するべき力」
について理解していくことが目的でした。


運営会議の目的についての話を聞いたところで、
歌のお姉さんこと、今井リーダーの指導のもと歌の練習をしました!

今回は「グーテンモルゲン」と「大きなうた」を歌いました。
190218_0011.jpg  190218_0013.jpg

実は、歌をみんなで歌うことはスクールを成功させる上での
重要なイベントの1つです。
みんなで一緒に歌うことで自然と気持ちがつながっていきます。
また、気持ちを切り替えるきっかけにもなります。

大事なイベントだからこそ、リーダーたちは子どもたちの前でも楽しく、
大きな声で歌えるように、こうして事前にしっかりと歌の練習をします。


歌の練習のあと「リーダー種別」についての説明がありました。

春のホリデースクール2019でのリーダーには
「ホームリーダー」と「本部リーダー」の2つの種別があります。


「ホームリーダー」は子どもたちと一緒に活動をしたり、
寝食を共にしたりするリーダーです。安全に楽しく過ごせるよう
子どもたちをまとめる、お兄さんやお姉さんのような存在です。

「本部リーダー」はスクールの全体の運営を担うリーダーです。
子どもたちだけでなくリーダーたちの様子も見ながら全体をサポートします。


そして今回、4人のリーダーに春のホリデースクール2019へ参加する子どもたちへ
メッセージを書いてもらいました!

まずは、
ホームリーダーの濱原 誠リーダーと李 安珠リーダーからのコメントを紹介します!

CM1_5564.JPG  名前:濱原 誠
  所属:広島大学工学部第四類社会基盤環境工学課程 4年
  20190220_コメントシート_濱原.jpg

DSC04187.jpg  名前:李 安珠
  所属:広島大学歯学部歯学科 1年
  20190220_コメントシート_李安珠.jpg

他にも素敵なホームリーダーたちが
子どもたちみんなに会えるのを楽しみにしています!


本部リーダーからは、
村上 ななみリーダーと藤井 礼菜リーダーのコメントを紹介します!

DSC04159.jpg  名前:村上ななみ
  所属:広島大学医学部医学科 1年
  20190220_コメントシート_村上.jpg

DSC04197.jpg  名前:藤井 礼菜
  所属:広島大学医学部保健学科看護学専攻 1年
  20190220_コメントシート_藤井礼菜.png

2人のような頼もしいリーダーたちでスクール全体を支えます!

以上、4人のリーダーからのコメントでした!
ますます春のホリデースクール2019を迎えるのが楽しみになってきますね。


リーダー種別紹介のあと、
道方リーダーから「プログラム」についての説明がありました。

春のホリデースクール2019でのメインプログラムは「ドームクラフトキャンプ」

どのようにダンボールからドームを作っていくのか、
大まかな手順の説明がありました。

春のホリデースクール2019でのプログラムは
「ドームクラフトキャンプ」だけではありません。
開校式から閉校式に至るまでの食事、入浴、睡眠、
みんなと話したり歩いたりするその一瞬も、3日間の生活すべてがプログラムです。

だからこそリーダーたちは子どもたちに楽しんでもらえるよう、
常に全力で取り組まなければなりません。

私自身、日程の把握をすることに苦手意識があります。
学校などでの集団行動において、食事、入浴、睡眠は意識せずとも
周囲の流れでこなすことができていたからです。

でも、それらはすべて子どもたちに楽しんでもらうプログラムの1つなのだと
今回の話を聞いて意識が変わりました。


そして、今回の運営会議の3つ目の目的である
「発揮するべき力」についてのお話がありました。

これから本番までの研修やワークを通して
「他者と協働しながら、コミュニティの掲げる一つの目的に向かって
活動していけるリーダー」になるための力を段階的に学んでいくことになります。

その第1歩として、「周囲を巻き込む力」についての解説でした。

「周囲を巻き込む力」を高めるためには大きく2つのポイントがあります。
・周囲からの信頼の残高を増やす
・ファシリテーション力を磨く
(27歳からのMBAグロービス流ビジネス基礎力10より)

「周囲からの信頼の残高を増やす」つまり、周囲との信頼関係を形成させるには
具体的に
・人の話をちゃんと聞く
・整理整頓をする
・感謝や謝罪がちゃんと伝えられる
ということが挙げられます。

当たり前のことではありますが、これを意識して継続的に行うのは
そう簡単ではありません。

小さなことを見落とさず積み重ねることで信頼関係を築く事ができます。

こういったいわゆる凡事徹底ということに関しては、
小学校、中学校、高校どの段階でも言われてきたことでした。
それがまさか大学に来てまで言われるとは思いもしませんでした。

一方で、実は自分の見落としているところが多くあり、
できているようでまだまだ足りない部分はたくさんあるということにも
気づくことができました。


ここで今回の運営会議は終わり…と思いきや、
前回と今回の運営会議の内容を踏まえた小テストが課されました。

リーダーたちはちゃんと答えることができたのでしょうか?

聞いて理解したと思っていたところも、
いざ問題にされると意外と答えられないところがあり、
振り返りの大切さに気づくことができました。


================
今回の運営会議は前回と比べて更に実践的で、濃い内容でした。

より実践的な内容になるほど、自分の現状と照らし合わせて
「本当に自分は大丈夫なのだろうか」
「ちゃんと子どもたちを楽しませることができるのだろうか」と
不安になってしまいます。

ですが、その不安はしっかりと準備をすることでしか
払拭することができないのだと思います。

「自分は大丈夫だ」と納得して自信を持てるように、
仲間と考えを共有し合いながら、インプットとアウトプットを繰り返し、
今回の運営会議の内容を頭に染み込ませるようにしようと思いました。


                         伊藤にほ(広島大学1年)


posted by iyah at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2019年02月27日

「一緒につくろう!!ぼくらの町」報告

こんにちは!名越和です。
今回は1月19日(土)に広島国際青少年協会事務所にて行われた
「一緒につくろう!!ぼくらの町」の報告です!

この企画では今年行われるサマースクールを
「リーダーと子ども達の力でよりいいものにしよう!」
ということを目的に行われた企画です。

そしてここに参加しているリーダーは、全員、
ぼくらの町の企業制作に関わるリーダーです!


まずは、グループ対抗〇×クイズや動画鑑賞をして、
前回のサマースクールを思い出しました。
あ.jpg


それを踏まえて、前回のサマースクールの改善案をふせんに書いていきました。
2.jpg  DSC04006.JPG

用紙の上にはたくさんの、改善案の書かれたふせんが!!
みんなが、いろいろと考えていることがとても伝わってきます。
3.jpg


そして、そのたくさんある改善案から自分のおすすめ案を決め、
より具体的にその案を深めていきました。
4.jpg  DSC04064.JPG


最後はその一押しアイデアをみんなのまえで発表します。
発表するには、自分のアイデアをしっかり理解しておくことが必要です。
みんなきっちり発表し、聞かれた質問にも答えられていました。

具体的には、ぼくらの町でどこにどんな企業があるのかが分かるマップを作製する、
休憩所を用意する等のアイデアが出てきました!

===================
この企画からもわかる通り、
リーダーたちはしっかり今年のサマースクールを良いものにしようと動きはじめています。
子ども達から、今まで自分では考えつかなかったアイデアをもらえて、うれしかったです。

自分はロマンの湯の企業制作をしています。
風呂内でシャンプー等が足りずに慌ただしいので、量を増やして欲しいという案が出ました。
その案を取り入れて、みんなが長い時間風呂につかれるようにします!

今年のサマースクールはまだ先になりますが、お楽しみに!

                               名越和(広島大学1年)







posted by iyah at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2019年01月27日

春のホリデースクール2019第1回運営会議 報告

こんにちは!伊藤にほです。
今回は1月13日(日)に広島大学霞キャンパスにて行われた、
春のホリデースクール2019第1回運営会議について報告します。


春のホリデースクール2019に向けて、最初の運営会議。
はじめに、道方リーダーから開会宣言の挨拶がありました。

勢いのある道方リーダーの掛け声で、リーダー全員の士気が高まりました!
DSC03705.JPG

次に、これから共にスタッフとして活動していく仲間のことを知るために
自己紹介を行いました。

顔なじみのリーダー も多かったのですが、
それぞれの最近はまっていることを聞くと、また新たな一面が見られました!

そして今回、2名のリーダーが新規スタッフとして参加してくれます!
一緒に活動していくのが楽しみですね!


続いて、中野リーダーから今後行われる
運営会議のスケジュールについての説明がありました。

私たちは、春のホリデースクール本番までに4回の運営会議を行います。
そのすべてを通して、他者と協動しながら
一つの目的に向かって活動していけるリーダーの育成を目的としています。
DSC03835.JPG

こうした目的をはっきりと捉えておくことは、
自分は何に向かって頑張っていけばいいのかを考える上でのヒントになると感じました。

漫然とスクールを迎えるのではなく、
目的をはっきりと捉えたうえでスクール本番に臨みたいですね!


休憩を取った後 、道方リーダーから春のホリデースクール2019における
コンセプトについてのお話がありました。
DSC03854.JPG
DSC03856.JPG

コンセプトとは、
1つの企画を遂行していく上での行動指針であり、とても重要なものなので、
スタッフ一人ひとりがいつも心に留めておかなければなりません。

春のホリデースクール2019のコンセプトは

「ホーム makes Home with you」

ホームグループ一丸となって自分たちの手で、
ホームの雰囲気や場を作っていこうという意味が込められています。


続いて、コンセプトについての理解を深めるために
中野リーダーが「ぼくらの描くサクセスストーリー」という
グループワークを行ってくれました!

春のホリデースクール2019のコンセプトに沿って、
参加してくれる子どもたちにどんな成長をしてほしいかということを
「紙芝居」にして発表するというワークでした。

紙芝居は、春のホリデースクール参加前、当日の出来事、参加後の
3つの場面に分けて作っていきました。

それぞれの場面を絵で表していったので、
具体的な場面を想像しながら考えていくことができました。
DSC03891.JPG  DSC03918.JPG

今回は主に春のホリデースクール2019の開催目的と
コンセプトを理解するための運営会議でした。

目的とコンセプトの理解を通して、春のホリデースクール本番が
一気に具体的なものとしてイメージできるようになりました。
その一方で、子どもたちにどんな成長をしてほしいか
ということをほかの人にうまく説明できるほど考えられていないということに
気が付きました。

これから本番までにしっかり準備をして、
子どもたちと一緒に自分自身も成長できたと思えるようなスクールにしていきたいです。


次回の運営会議の報告をお楽しみに!
                           伊藤にほ(広島大学1年)






posted by iyah at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録