ホーム ABOUT メンバー 活動記録 スケジュール お問い合わせ

2018年04月27日

ドイツ・ハノーバー訪問団 報告@

こんにちは。藤川です。
新学期がスタートしましたが、春休みはいかがでしたか?

この春、4月1日(日)〜4月6日(金)の日程でドイツのハノーバー市へ
「ハノーバー訪問団」として行ってきました。

この訪問団は広島国際青少年協会代表理事の井内康輝氏を会長とする
「広島ハノーバー友好協会」から派遣され、
広島国際青少年協会はその中で青少年交流活動を担っています。

本会の創始者である林 壽彦氏が
1968年にドイツ・ハノーバー市を訪問したことがきっかけとなり、
それ以降交流が長きにわたって続いています。

そして、今年は青少年交流活動50周年という節目の年でもありました!

今回は中学生から大学生までの17名が参加。
文化交流活動、経済交流活動を担う成人の方々も含めて、総勢30名ほどの訪問団で
ハノーバーを訪問いたしました。

その様子を前半と後半で分けて報告します!


4月1日
出発
広島空港に集合し、いざ出発!
ご家族の方に見送られ、飛行機へ。
ハノーバー003_R.jpg  ハノーバー_11.jpg
ハノーバー001_R.JPG

初めて海外へ行く子も多く、集合時は不安の様子が少し見られましたが、
飛行機に乗り込むときは、これからの事に期待を寄せ、ワクワクしていましたね!

14時間ほどの長いフライトとなりましたが、
飛行機内で映画を見たり、乗り換え先の空港で買い物をしたりと
楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

ハノーバーに到着
長旅を終えて、ハノーバー空港に到着すると…
「ようこそハノーバーへ」の横断幕とともに、ハノーバー広島友好会の方が
出迎えてくださいました!

暖かいお出迎えで心温まりましたね。
ハノーバー007_R.jpg

その後ホテルに移動し、夕食をいただきました。
歓迎の言葉を頂き、ビュッフェ形式の料理を楽しみました!
ハノーバー008_R.jpg  ハノーバー009_R.jpg
ハノーバー011_R.jpg  ハノーバー 追加001_R.jpg


4月2日
みんなで朝食を食べ、いよいよホストファミリーの方とご対面!
この日は一日、ホストファミリーの方々との時間。

ホテルで対面したときは、緊張している子や
笑顔で元気よく挨拶している子など反応は様々でしたね。

事前にメールを通してコミュニケーションを取っていたのですが、
実際に会うとなると緊張して、私はあまり上手に挨拶をすることが出来ませんでした。
ですが、とても優しく受け入れてくださり、徐々に緊張がほぐれていきました!

博物館や遊園地などへ行ったり、ドイツ料理をごちそうしていただいたりと
この日の過ごし方は人それぞれでしたが、充実したものとなったのではないでしょうか?
ハノーバー012_R.jpg  ハノーバー014_R.jpg
ハノーバー013_R.jpg  ハノーバー015_R.jpg

私自身もホームステイをさせていただき、コミュニケーションを通して
親睦を深めることが出来ました!
手振り身振りを使いながら、趣味や好きなことについての会話をしたり、
ハノーバー市のおすすめスポットについての会話をしましたよ。

市内観光や家でご家族の方と共に過ごしたことは、かけがえのない思い出の一つです。


4月3日
宝探しゲーム
この日最初のプログラムは
hannover congress centrum(ハノーバー会議センター)で宝探しゲーム!
ハノーバーの子どもたちとグループになり、ゲームスタート!

GPS機能を使用して、宝の在り処のヒントがあるところを目指します。
ハノーバー016_R.jpg  ハノーバー017_R.jpg

目的地に到着すると、1枚の紙が渡されました。
この紙に書かれた指示に従って、折り紙のように折っていくと
4桁の数字が出てきました!
ハノーバー018_R.jpg  ハノーバー019_R.jpg

この数字を手がかりに、協力して宝箱の鍵を開けることが出来ましたよ!
鍵が開いた時は、歓喜の声が上がりました。
ハノーバー020_R.jpg  ハノーバー021_R.jpg
ハノーバー022_R.jpg

ハノーバー市庁舎訪問
移動をして市庁舎訪問へ。

外観に魅了され、みんな興奮状態です!
ハノーバー023_R.jpg  ハノーバー024_R.jpg

市議会議場に案内していただきました。
椅子に座った気分は市議会委員さんのようでした!
ハノーバー026_R.jpg  ハノーバー027_R.jpg  

ここで私たちは、第二市長のお話を聞きました。
第二市長は、市長とは異なる部門の長として存在しており、
市長とともに市を治めます。

なかなか入ることの出来ない会議室にお招きいただき、
貴重な体験となりましたね。

広島市とハノーバー市との交流が持続し、
両者にとって意味のあるものにしていきたいです。
ハノーバー028_R.jpg

また、市庁舎の写真がプリントされたコースターを
お土産としてもらい、嬉しかったです!

そして、ハノーバー市の模型が展示してあり、
様々な年代の街並みが見ることができました。
ハノーバー029_R.jpg  ハノーバー030_R.jpg

ハノーバー市の歴史説明をしてくださり、戦争での被害や戦後の復旧について
教えていただきました。

私が住む広島も、原爆に遭うという大きな被害から復旧を果たしています。
広島の戦後の復旧について、私自身まだまだ知らないことがあるので、
様々な人から話を聞いたり、本を読んだりして考えを深めていきたいと思います!

ハノーバー031_R.jpg

アスレチック施設
seilgarten hannover(ザイルガルテン ハノーバー)という
アスレチック施設に行きました。
制服姿から、運動ができる洋服に着替えて、安全のためにベルトやヘルメットを被ります。
ハノーバー032_R.jpg  ハノーバー033_R.jpg

中に入っていくと、
そこには高い木に吊るされたロープなどのアスレチックがたくさん!
高さ20メートルほど登ったたりするコーナーもありましたよ。
ハノーバー034_R.jpg  ハノーバー035_R.jpg

最初は恐怖心を抱えながらの挑戦している子も多かったのですが、
みんなの声援を受け、ゴールを目指すことが出来ましたね!

チャレンジ精神や最後までやり遂げる力も垣間見え、
アスレチックを通じて成長を感じられました。

2人で協力するものもあり、息を合わせて一生懸命に取り組む姿も
見受けられましたよ。
ハノーバー036_R.jpg  ハノーバー037_R.jpg

ゴール出来たときは達成感に満ちあふれ、時間がある限り
たくさんの種類にチャレンジしました!
ハノーバー040_R.jpg 

青少年交流50周年パーティー
夜は青少年交流50周年パーティーに参加。

ハノーバー広島友好会の方々からのご挨拶をはじめとして、文化交流の方の尺八と琴の演奏や
日本舞踊の披露などがありました!

ハノーバーの方は日本文化に触れ、感心していらっしゃる方が多かったです。
ハノーバー042_R.jpg  ハノーバー043_R.jpg
ハノーバー044_R.jpg

料理もとても美味しく会話も弾み、賑やかなパーティーでしたよ!


ここで、訪問の前半戦が終了!
プログラムが充実しており、毎日があっという間に過ぎ去りました。
最初は現地の方と交流に少し、緊張がありましたが、このころには
すっかり打ち明けることが出来ていましたね。

続きは後半!お楽しみに!



posted by iyah at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2018年04月05日

春のホリデースクール2018振り返り会 報告

こんにちは。中野です!
3月25日(日)に広島市青少年センターにて行われた
「春のホリデースクール2018 振り返り会」について報告します。

今回の振り返り会は、
3月17日(土)〜3月18日(日)に開催された、春のホリデースクール2018
(以下、春ホリ)を反省して、スタッフのみなさんがより大きな学びを得るために
開催されました。

振り返り会で行われたことは、一言で表せば「評価」です!!
春ホリでの自分の活動を評価し、サマースクールに向けて自分が取り組むべき
課題や伸ばしたい力を明確にしました。

できたことは何か、できなかったこと何か
なぜできたのか、なぜできなかったのか

どんな人も成長するためには、このように自分の取り組んできた活動を
正しく分析し、評価をする必要があります。

みなさんと集まって振り返り会をすることで、
いつもよりも深く自分を分析し、評価をすることができました!



まずは、評価の意義について説明がありました。
春ホリ 報告001_R.jpg
評価をすることの意味って何でしょうか?

優劣をつけるためでしょうか?
誰かにやれと言われたからやるのでしょうか?

普段はあまり意識しないことなので、すぐには思い浮かばないかもしれませんね。

評価というのは、自分の行動を改善していくためにするものなのです!
自分の活動を振り返り「何がどう良かった(悪かった)」のかを分析することで
良かったことや悪かったことが分かり、次に何をどうすればいいかが分かってきます。

そこに評価の意義があります!

次の目標を決めるために評価をすることで、自分の向かいたい方向へと
成長できるのですね!

わたしは、春ホリで子どもたちと仲良くなることに成功しました。

その理由は、相手の話したい話をしっかりと聞くことができたからだと思います。
子どもたちが話したい話をしっかり聞くことができたので、子どもたちが
心を開いてくれたのだと感じました。
サマースクールまでに聞き上手のスキルを向上させたいと思います!


次に、評価の方法としてKPTA法やIEOモデルの紹介がありました。

KPTA法は、
よかったこと(Keep)、問題点(Problem)、試していきたいこと(Try)、
具体的な行動(Action)を表に書き込んでいく方法です。

IEOモデルは、
今回の既得情報(Inputs)、環境(Environment)、成果(Outputs)から
事業を評価する方法です。
春ホリ 報告002_R.jpg
どちらも、評価すべき事柄の見方を示すフレームワークです。

篠原隼さんから
「フレームワークを使えば、誰でも簡単に質の高い評価ができる。」
と紹介をしていただいたので、自分もどんどん調べて
使っていきたいと思います!


その後は、成果報告会の説明がありました。
春ホリ 報告003_R.jpg
成果報告会では、自分の春ホリの評価やそれを受けて
今後、どんなことに取り組んでいきたいかを仲間たちに発表していきます。

今回は「KP法(紙芝居・プレゼンテーション法)」を用いて
自分の振り返りを発表しました。

自分の活動や振り返りを紙芝居にするのですね!
みなさん、一生懸命、紙芝居を仕上げていきます。
春ホリ 報告001_R.jpg
紙芝居にすると、聞き手への伝え方が意識されるので、
伝えたいことやエピソードの順番を組み立てるのが難しかったです。


そして、いよいよ成果報告会!
自分の作った紙芝居を発表していきます。
春ホリ 報告002_R.jpg  春ホリ 報告003_R.jpg
春ホリ 報告005_R.jpg  春ホリ 報告009_R.jpg

自分の紙芝居を5分間で発表した後、5分間の質疑応答があります。
春ホリ 報告001_R.jpg

わたしとしては、この質疑応答の時間がとても刺激的でした!

「なぜ、そのように感じたのですか?」
「何が理由でうまく行ったと思いますか?」
「その目標はどのようにして、あなたのなりたい理想像と結びついているのですか?」

と、いろいろな質問が飛んできます。

こういった質問をされると、自分が考えきれていないところに
気づくことができます!
また、答えが返ってくれば、質問した人にも新しい発見があります。

振り返りのときや目標を立てるときは、仲間と話し合いながらすると
お互いに深め合うことができますね!

=====
評価についての講義や成果報告会を通して、みなさんが真剣に
自分の春ホリを振り返っていました。

春ホリが終わり、サマースクールに向けていよいよ本格的に
動き始めることになります。
みなさんが活躍するのが楽しみですね!


今回の報告は以上です!
次の報告をお楽しみに!
posted by iyah at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2018年04月02日

卒業生を送る会 報告

こんにちは。白井裕壮です!
3月21日(水・祝)に留学生会館にて行われた「卒業生を送る会」について
報告します。

会はまず、卒業される6名の協会での軌跡の動画から始まりました。

動画の中では、これまでのスクールで活躍する卒業生の姿が映し出されます。

わたしは、小学生の頃から協会の活動に参加しています。
動画の中には、自分がまだ幼い頃の写真が多くあり、とても懐かしく
感じさせるものでした。

次に、卒業生と歓談を行いました。
卒業生との話はつきません。

そんなわたしたちにとって、20分という時間はとても短く感じました。
1.jpg 2.jpg

そして、この会に来ることのできなかった人からのメッセージ動画を見ました。
様々な人からのメッセージが入っており、
わたしたちに卒業生がこれまで関わってきた人の多さを感じさせます。

また、その言葉は、これまでの感謝であったり、
社会に旅立つことへのエールが、込められていました。

さらに、道方リーダーから卒業生に向けて送辞がありました。
その言葉の一つ一つには道方リーダーの卒業生への思いがこもっていました。

途中泣きながらも話す姿には、心が打たれました。
3.jpg 4.jpg

その後、卒業生へプレゼントが贈呈されました。
アルバムなどが渡され、思い出の品になったのではないでしょうか。

最後に卒業生から、現役のリーダーに向けて答辞が述べられました。
協会にいて、良かったこと、学んだことなどを、
人によっては涙を流しながら話してくれました。

その言葉には、現役のリーダーへの、熱い思いがあり、
わたしたちリーダーの心に響きました。
5.jpg 6.jpg
7.jpg 8.jpg

今年は、6人のリーダーが社会へと旅立ちます。
彼らは、私たちにとって今まで協会を支えてきた先輩であり、仲間です。

そんな彼らの最後の姿は、私たち、現役のリーダーにとって
これからの協会を支えていく決意をいだかせたのではないでしょうか。
9.jpg
posted by iyah at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2018年03月31日

進級おめでとう会 報告

こんにちは!原田京奈です!
3月21日(水・祝)に広島市留学生会館にて行われた
「進級おめでとう会」について報告します。

今年度も残りわずかとなり、来年度へ向けて期待が高まる3月。
「心機一転、頑張ろう︎。」と思っても、具体的かつ自分に見合った目標は
立てづらいですよね。

この「進級おめでとう会」では、それぞれの進級を祝うとともに、来年度自分が
どう成長していくかを見つめました。
あ.jpg い.jpg

初めに、節目の年を迎えるメンバーが紹介され、新しい生活を迎えるみなさんを
お祝いしました。

他にもいらっしゃいますが、この会に参加された方のうち
11名が節目の年度を迎えます。
進学などで慣れない新しい生活に足を踏み入れるのは緊張すると思いますが、
希望を胸に頑張って下さい︎!
う.jpg え.jpg


次に、川野リーダーに目標を立てる重要性を教えてもらいました。

ハーバード大学の調査で、明確な目標を紙に書き留めておいた学生は、
書き留めていなかった学生のなんと10倍もの収入を手にしていたことが
明らかになりました!

しかし、いきなり自分1人で明確な目標を設定するのは難しいですよね。
そこで同学年のグループで話し合いながら
各自来年度の目標を立て、カードに記しました。
お.jpg か.jpg

私たちのグループでは、普段の生活の中から共感できることを挙げながら、
進路を見据えた行動をするには、どうすればいいかを
熱心に話し合いました。

対話で共感できる点をお互い見つけ、素敵で明確な目標設定ができましたね!

特にグループ代表者の発表の際、
「前年度にできなかったから、今年は○○をしよう!」というように
前年度の目標と比較していて良かったと思います。
き.jpg く.jpg

ですが、このカードに書き記しただけでは意味がありません。
このカードを財布に入れるなど普段から身につけて持ち歩くことで、
日々この目標に向けてできることを意識できます。

来年度の終わりに再びカードを見せ合い振り返る機会があるかも!?
そこでまた年度を振り返ると、次につながるより良い目標が出来ますね。

======
私は、この「進級おめでとう会」を通して、目標設定の回数を
重ねれば重ねるほど、自分を客観的に深く見つめることができる、
と学びました。

普段グループでこのように目標設定する機会はあまりありません。
その為、対話しながら目標を立てることで、周りの良い刺激もあり
目標達成への意欲が湧き、毎日継続して行うことができます。

もちろん、自分で目標設定する時も同様に多方面から
自分を見つめなおすことが大切です。
自分1人でも、グループでも、対話を通して目標達成へと努力していきたいです。

け.jpg

次回の報告もお楽しみに!

posted by iyah at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2018年03月30日

春のホリデースクール2018 報告

こんにちは! 坂本です。
3月17(土)〜18日(日)に1泊2日で、
春のホリデースクール(通称:春ホリ)が行われました!
国立江田島青少年交流の家での開催です。

スクールに参加してくれた子どもたちは集合した時に驚いたかもしれませんが、
今回の春ホリには、男女混合ホーム、ホームリーダーが複数人いるなど
例年とは違うところがありました!

そして、今回の春ホリの目玉は、新企画「ステップアップトラベル」!!
新学期を迎えるにあたって、
「今年1年の目標を立て、その上で4月の目標を立てる。」
という内容です。


「目標を持っている人の年収は、目標を持っていない人の2倍。
目標を何かに書いている人の年収は、10倍になる。」


このお話は木村充校長が開校式でされたものです。
目標を立てることがどれだけ大事なのかということが分かりますね。

この春ホリを通して、子どもたちはどんな目標を立てたのでしょうか。
さっそく振り返ってみましょう!

<1日目>
まず、広島港で集合。
この時に、
「あれ?オレンジのシャツを着たホームリーダー多くない?」
と思った子どもたちもいるのではないでしょうか。

なんと、
今回の春ホリではホームリーダーが1つのホームに3〜4人いる
という、異例の体制でした!
また、いつもなら男子ホーム、女子ホームと分かれているのに対し、今回は
同じホームに女の子と、男の子が混じります。
1.jpg

いつもと違う春ホリに戸惑った子どもたちもいたかと思います。
ですが、子どもたちはしばらくすると、今まであまり話したことのない
リーダーや友達との会話に花を咲かせていました!
2.jpg 3.jpg

開校式
木村充校長のお話を聞いて、リーダー紹介を終えると、
新・歌のお姉さんである今井リーダー指導のもと、みんなで
「大きなうた」を歌いました!
みんなが大きな声で歌えていて、とてもよい春ホリの始まりでしたね!
DSC_1223.JPG 4.jpg

ホームグループアワー
各ホームでの会話を楽しんでいました。
途中からカプラで、どちらがより高く積み上げられるか
という熱い戦いを繰り広げるホームも見受けられました。
5.jpg 6.jpg

食事
江田島青少年交流の家では、バイキング形式のご飯でした。
みんなバランスよくご飯を盛り付けられていたのではないでしょうか。 
子どもたちは、普段とは違ったホームの形で、周りのホームリーダーや
男の子、女の子の隔たりなく話すことができていました。
8.jpg 9.jpg

ステップアップトラベル説明会
「ステップアップトラベル」
それは旅行会社イヤートラベル社が開催する、職業へのトラベルプランです。
説明はイヤートラベル社の道方支配人がしてくれました。
まず初めに、将来目指している職業を選び、その職業に必要となる心・技・体の能力ポイントを設定しました。
そして、今の自分にどれくらいの力を持っているのか初期能力ポイントを設定します。

翌日の詳細は“謎”のまま説明は終わりました。
11.jpg 
10.jpg 12.jpg 
 
明日への楽しみが募ります。

しっかり将来の夢を持っていることはもちろん、
「なぜその職業に就きたいか」と質問すると、
子どもたちがしっかりとした理由を持っていて正直びっくりしました。

レクリエーション
今井リーダー、若林リーダー、末廣大集リーダーによる
楽しいレクリエーションがありました。男女やホームリーダーが
混じりあって、楽しんでいる姿がとても印象に残っています。
14.jpg 15.jpg 

就寝 
レクリエーションが終わると、みんなお風呂に入り、各ホーム部屋に
戻ってぐっすり眠りに就きました。
  
ホーム部屋も、リーダー2人と子ども3人など、
とっても広々としていて、いつもと違った雰囲気でしたね。
  
私はホームリーダーとして、2人の子どもたちと部屋で寝ましたが、
寝るまでに学校での話をして、なんだか
修学旅行のような雰囲気を感じて、とてもよい時間を過ごすことができました。

<2日目>
ステップアップトラベル
ステップアップトラベルでは、中学・高校時代を送り
その中で試練をクリアすることで、心・技・体の能力ポイントを獲得できます。

各試練で、得られる能力は異なり、それぞれに対応した試練が
待ち構えていました。
16.jpg 17.jpg
18.jpg 19.jpg
 
中学・高校時代を終えると、
ホームグループみんなでセンター試験を受けなければなりません。
このセンター試験では、中高時代で超えた試練に関する問題が出題されました。
20.jpg  
 
大学受験の難しさを感じることができたのではないでしょうか。

それを終えると、今度は大学時代の試練が始まります。
ここでは、ホームで団結し、今までに得た能力ポイントで
大学生活で待ち受ける試練に立ち向かいまいした!
22.jpg 23.jpg

振り返り
ステップアップトラベルでの中学・高校・大学時代を終え、
これまでの振り返りをします。
改めて、今目指している職業に必要な能力を考え、より具体的に、
今年1年の目標と、その目標を達成するための4月の目標を立てました。
24.jpg 25.jpg
 
みんな欄がびっしり埋まるほど書いていて、
リーダーたちも負けていられないな!という気持ちになりました。

<子どもたちへメッセージ>  
 今回の春ホリでは、現在の自分自身の姿を見つめ直し、将来の夢を叶えるために
 何が必要なのかを考えました。そして、そこから「今、何をするか」という
 具体的な「目標」を立てることができましたね。
  
 しかし、大切なのは、今回立てた目標をどれだけ実現できるかです。
 みんなが夢を実現できるかは、みんな次第!
 夢を目指して、一緒に頑張りましょう!!

26.jpg

<感想>  
 春ホリを通して、子どもたちの変化を感じることができました。
 1日目の説明会で目指す職業を決めるとき、子どもたちの多くは
 なぜその職業につきたいかというしっかりとした理由を持っていても、
 そのために何をするかは決まっていませんでした。
  
 しかし、2日目の振り返りの時間には、
 今なにをすべきか、なにをしないといけないかという具体的な「目標」を
 しっかりと持っていました。
  
 この変化は、春ホリのテーマである「目標を立てる」ということの力によると
 感じました。 
posted by iyah at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2018年03月25日

春のホリデースクール 第1回運営会議 報告

こんにちは! 西岡です。

2月25日(日)、広島国際青少年協会事務所と、広島大学東広島キャンパスの2か所で、
春のホリデースクール第1回運営会議を行いました!
1 10.50.54.png 2 10.50.54.png

本日のテーマは、「春のホリデースクールについて知る」
今回のスクール活動のコンセプトや、当日の流れなどを確認しました。

まずは、スクール活動のコンセプトについて、説明がありました。
3 10.50.54.png

今回の春のホリデースクールは、サマースクールや秋のホリデースクールとは異なり、
ホームグループが男女混合で編成されます。
つまり、スクール中に男女の垣根を越えて活動することが、いつもよりも多くなります。

その機会を活かして、お互いからさまざまなことを学ぶことが、私たちの目標の1つです。

また、ホームリーダーは今回、ホームグループにつき3〜4人はいり、
「リーダー」というよりも、子どもたちと同じく「メンバー」として参加します。

子どもたちの目線に立ってみることで、ホームリーダーは今後のスクール活動のために、
参加者が何を求めているのかを感じ、それに対して何をすべきかを見出すことがねらいです。

しかし時には、リーダーシップを発揮して、ホームグループをまとめるよう、
お互いに連携を図っていくことも求められます。

今回はホームリーダーの数が多いですが、
それ以外は、いつものスクールとほとんど変わりないので、当日参加してくれる
みんなは、ワクワクしながら来てくださいね!


次に、当日の流れを確認しました。
4 10.50.54.png

今回行う「ステップアップトラベル」というメインプログラムに、
私たちリーダーは、今までよりも少し難しい内容のプログラムに挑戦します。

このプログラムは、やや複雑なルール設定の中で、どう子どもたちに
楽しく目標を立ててもらうかに気を配ることが、とても重要となってきます。

当日はしっかりと気を引き締めて、子どもたちと楽しみながら、良い活動となるよう
頑張りたいと思いました。


私たちはその他にも、春のホリデースクールに向けて、いくつか準備を進めました。

一つは、情報共有ツールやタスク管理ツールといった、新たなツールの導入です。
3.jpg

これで、効率よく計画的に、当日までの準備が進みそうですね!

もう一つは、歌の練習。
今回、“新・歌のお姉さん”の指導の下、「大きなうた」を歌いました。
6 10.50.54.png

新しい歌のお姉さんがだれかは、当日までのお楽しみ。
みんな! ○○リーダーといっしょに元気よく歌おうね!!

=====
この春のホリデースクールに、私はホームリーダーとして参加します。

今回の運営会議に出席した後、私は、
「どんな時に、どのように子どもたちと接することができれば、
春のホリデースクールが楽しいものになるのだろうか?」
ということを、ずっと考えています。

当日のホームグループ編成は、リーダーと子どもがおよそ1:1の比率となります。
ですから、自分がそれほどホームグループに干渉しなくても、うまくいくことも
あるでしょう。

しかし、それでは自分がこのスクール活動で成長することは難しいです。
仲間や子どもたちと協力しながら、私も「ステップアップ」することができるよう、
目標を持って取り組んでいきたいと思います!


今回の報告は以上です!
次回の報告も、どうぞお楽しみにお待ちください!
posted by iyah at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2018年03月04日

ダイアローグ・プレイス 報告

こんにちは!西岡です。
2月17〜18日の2日間、西条共同研修センターにて、
ダイアローグ・プレイスが開催されました!

さて突然ですが、
みなさんは「ブラックコーヒーを飲む」という行為に、どのような印象を持ちますか?
きっと、多くの人が「大人っぽい」という印象を抱くと思います。

しかし、「ブラックコーヒーを飲む」という行為自体に、そのような意味はありません。
ある行為の示すものは、社会と結びついて意味づけられています。
(この考え方を、「社会構成主義」あるいは「社会構築主義」といいます。)
人間が持つ価値観についても同様に説明できます。

そこで、「価値観の違い」を明らかにし、自己や他者を理解する方法の1つとして、
今回のテーマである「ダイアローグ(Dialogue:対話)」があるのです。


今回、プログラムを始める前に、みんなで研修センターの周りを散歩しました。

これから2日間、さまざまなことについて語り合うということもあり、
「どんなことをするのだろう」と、心が落ち着かなかった人もいたかと思います。

そんな時に、街中の喧騒から少し外れた場所にあるこの研修センターの
辺りを散歩したことで、のどかな雰囲気と相まって、話がしやすい和やかな
気分になりましたね!
a.jpg b.jpg


散歩で気分も爽やかになったところで、最初のプログラムは「嘘つき自己紹介」!
これは、「幼少期・小学生・中学生・高校生以降」の4つの時代のうち、1つだけ
嘘のエピソードを交えながら、自己紹介をするというものです。
c.jpg d.jpg

みんな巧妙に嘘をついて、自己紹介をしていました。
素朴な嘘から、とんでもない嘘まで、さまざまな嘘が飛び出しましたね!
嘘を明らかにした「本当のエピソード」は印象に残って、また1つ、仲間のことを
知ることができたのではないでしょうか?


次のプログラムは「勝手にハッピーエンドゲーム」!
これは、仲間が抱えている将来の悩みを、その人が挙げた
「“その人自身”を表すキーワード」を使いながら、自由気ままに
明るい未来図を描いて、悩みを解決するゲームです。
e.jpg f.jpg

友達の悩み相談に乗るのって、なかなか大変なことですよね。
でも、その悩みをハッピーに解決すると、自分も相手もとても幸せな気持ちになって、
悩みなんて吹き飛んでしまいそうになりましたね!

同じグループのメンバーの解決方法に、「なるほど」と感嘆した人もいたのではないでしょうか?
読者のみなさんも、楽観的なお悩み解決を試してみてはいかがですか?


1日目最後のプログラムは「価値の序列」。
これはまず、「真実」や「愛情」などの異なる8つの価値を、自分が
大切にしたいと思う順番に並べます。その後、グループで意見交換をし、
最終的に、グループとしての総意をまとめました。
g.jpg

私たちのグループでは、みんな異なる主張をして、なかなかうまくグループでの
合意が得られませんでした。

しかし、その「意見の相違」としっかり向き合うことが、とても大切なことだと思います。
なぜなら、価値観の違いが明らかになることで、自己や他者を理解するための
「ダイアローグ」の効果が、十分に発揮されるからです。

自分の意見を主張して「自己」を知り、仲間の主張を聞いて「他者」を知る。
この価値観の交流が、自分の思想を豊かなものにしてくれていると感じました。



翌日、朝のプログラムは「思考実験」。
このプログラムでは、ある状況が提示され、自分ならどの立場に立って
考え行動するのかを考えました。さらに、状況が少し異なるとき、自分の意見が
変化するかどうかなど、自分の価値観が揺らぐ境界に迫りました。

私たちのグループでは、3つの事柄について議論を行いました。
なかでも私は、「誰も傷つかなければ、何をしてもいいのか」という場面を
扱ったものに、とても関心を持ちました。

私はこの議論によって、自分は「少しのリスクでも気にすべき」という
信条があることに、はっと気づかされました。
また、自分の知らない「自分」に気づくことができて、
「自分」の世界が広がったように思いました。


お昼ご飯を食べた後は、日ごろの悩みを相談したり、今後のことを語り合ったりと、
普段なかなか長時間話せない人たちと、多くの話をしました。
私もいろんな話を聞いて、いろんなことを話しました。

普段、口数が少なく長話をしない私ですが、
こうして仲間と語る時間は、大切なもののように感じました。
やっぱり、「対話」って大事ですね。


=========
今回のダイアローグ・プレイスに参加してみて、私は「自分」について、
もっと深く考えてみたいなと思いました。

「『自分』はどんな人間で、何を大切にしているのか?」
自分に正直に生きるために、「『自分』を知りたい」と強く思うようになりました。
そのために、創造的なコミュニケーションである「対話」を、大切にしていきたいです。

h.jpg
今回の報告は以上です。
次回の更新も、ぜひお楽しみください!


posted by iyah at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2018年02月24日

自学の日 報告

こんにちは、川野です。
2月4日(日)に自学の日が行われました!!

さて、みなさんは日頃勉強していますか?

勉強する日を1日つくるぞ!
と思ってみるものの、なかなか時間を確保することは難しいですよね。
しかし自学の日では、みんなで集まって勉強するので、集中して
1日を乗り切ることができました。


午前の部では、自学だけではなく子どもたちの希望を叶える企画も開催!
この企画では、苦手科目の克服の仕方や勉強方法について
リーダーからアドバイスが行われました。

次回もニーズが多ければ開催する予定なので、リーダーに聞きたいことや
知りたいことがある人は、参加してリーダーに教えてもらおう!
S_7516525480636.jpg S_7516525487111.jpg

昼食は、一緒に勉強しあった友達と和気あいあいと食べました。
久々に再会した友達とも、楽しいひと時を過ごすことができましたね。


午後からは、勉強の合間に「達成花」や「間違いさがし」をしました。
「達成花」とは、勉強したことが一目でわかる花のことです。
花びらを好きな形に切り、今日勉強したことを書いて自分だけの花を作りました。
学んだことを視覚化して蓄積していくと、後から振り返ることができますね。
S_7516525487112.jpg S_7516525491610.jpg

「間違いさがし」は、グループに分かれて協力プレー!
普段の間違い探しとは一味違って、正しい絵と間違っている絵が切り離されており、
間違っている絵は壁に貼ってありました。
手元にある正しい絵と壁に貼ってある絵の違いを見つけるためには
絵を瞬時に覚えることが求められます。

壁に貼ってある絵を一人ずつしか見に行けないので
間違いをグループのみんなに伝えよう!と思っている人が多く見られましたね。
インプットをする際にアウトプットを意識する点が素晴らしかったと思います。

======
私は、自学の日を通して、周囲の力について考えることができました。
勉強も活動も個人差はあるとは思いますが、周囲の雰囲気により影響を受けます。
今回の自学の日のように、周囲に熱心に取り組んでいる人たちがいると
「みんなのように頑張ろう!」となりますよね。
自分も他人もお互いに影響を与えあっていることを心に留めながら、
これからも活動に取り組んでいきたいです。

では、次回の自学の日をお楽しみに!
S_7516630239154.jpg 
posted by iyah at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2018年02月14日

運営会議 報告

こんにちは!坂本です。

1月28日(日)に行われた運営会議について報告します。

今回の運営会議は、事務所と広島大学(東広島キャンパス)の二箇所で行われました。
ビデオ通話を使って、お互いの映像を確認しながら会議を進行します。

20180208_180208_0006.jpg IMG_4525.jpg

まず、“1 on 1ミーティング” 導入についての説明がありました。

“1 on 1ミーティング”とは、アメリカのシリコンバレーで生まれた
人材育成のために行う個人面談のこと。
ヤフー、クックパッド、グリーなど日本の有名企業でも取り入れられています。

主に二つの目的があります。
・リフレクション(振り返り)によって自分自身の成長や進歩を把握し、次の目標を明確にする。
・上司と部下のコミュニケーションを活性化する。

この“1 on 1ミーティング” を会員である学生の間に導入することにより、
自分自身の成長につながり、且つこれからの行事を
より円滑に運営ができるのではないかと期待しています。

私自身、日々の生活の中で自分自身と向き合う機会も少なく、
自分のキャリアについて他者と話すことはないので、
この貴重な機会で、是非ステップアップしたいと思います。

IMG_4531.jpg 20180208_180208_0002.jpg

続いて、今年の春のホリデースクール(通称:春ホリ)で新しく登場するメインプログラムである
“ステップアップトラベル”のブレインストーミングが行われました。

ブレインストーミングとは、集団でアイデアを出し合うことによって
新たな発想を誘発する会議方式の一つです。

ブレインストーミングを行うには四つの原則があります。
1) 判断・結論を出さない
2) 粗野な考えを歓迎する
3) 質よりも量を重視する
4) アイデアを結合し発展させる
これらの原則を守ることで、豊かなアイデアを得ることができます。

今回は、ステップアップトラベルで行う企画について
みんな想像力を働かせ、独特な案をあげていましたね。

春ホリのステップアップトラベルがますます楽しみです!!


また、春ホリの概要説明が行われ、各チームからの活動報告もありました。
直近の春ホリや今年のサマースクールに向けて活動しているチームもあります。

わたしが所属している道具チームでは、すでにサマースクールに向けて、
道具作りを始めています!


=====
今回の会議で、私は各チームが春ホリやサマースクールに向け
動き出していることを感じることができ、
全体が一つのチームとして動いていることを改めて認識できました。
このチーム全員で力を合わせて、
よりよい会員行事を作り上げていきたいと思います!
posted by iyah at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2018年02月04日

"キャリアツリーを作ろう!"ワークショップ 報告

こんにちは!久住です。

1月21日(日)、広島国際青少年協会事務所にて行われた
「"キャリアツリーを作ろう!"ワークショップ」について報告します。

学生会員を対象とした今回のワークショップは1月7日(日)にも行われ、
2回の開催を通して多くの人が参加をしました!

今回のワークショップのねらいは「充実した1年間を過ごすための目標を立てる」。
ワークショップは次のような流れで行われました!
1.一年間の目標に潜む罠について知る
2.自己分析を通して、自分のキャリアアンカーを探す
3.5年後の目標を立てる
4.キャリアツリーを作る
5.今年の一年間の目標を立てる

まず直観的に今年の目標を立てます。
図1.png 20180121_160106.JPG

「とても良い目標をたてることができた。」
そんな風に思った参加者もいたかもしれません。

突然ですが、皆さんは、直観的に立てた目標のほとんどに3つの罠が潜んでいることを
知っているでしょうか。

それは、
・どのような状態が目標達成と言えるのか明確でない
・目標達成のために何をするかが明確にされていない
・何のためにその目標を達成するのかが明確でない
という三つです。

実は、参加者の立てた目標のほとんどが、これらの罠にはまっていたのです。
20180123_180123_0012.jpg 20180121_132849.JPG

これらの罠を克服するために必要となるのが、3年後、5年後、10年後というような
中・長期的なビジョン!

参加者は職業適性検査を受けること、自己分析人生ゲームをプレイすること、
将来の夢を語ることを通して、自分が絶対に譲れない価値観や欲求・動機といった
「キャリアアンカー」を見つけました。
3.png 4.png
5.png 6.png

そして「キャリアアンカー」を軸に置き、自分の将来の中・長期的なビジョン
を作り上げていきます。

次に、そのビジョンを基にキャリアツリーを作りました!
まず「何年の自分は○○ができるようになる。」という成果目標を一番上に書き、
その下に成果目標を細分化したものを書いていきます。

そして、その下に達成に向けた手段である行為目標を、
さらにその下には行為目標を細分化したものを書いていきました。
7.png 8.png

最後に、キャリアツリーを踏まえてこの1年間にできることを今年の目標として立て、
具体的な行為目標も立てることができました!

=====
私は今回のワークショップを通して、「何年後に自分は○○をしている」
という明確なビジョンを持つことで目標を立てることが出来ることを学びました。

今後は、日々の活動を目標達成に向けた”階段”の一段として捉え、
一歩ずつ進んでいこうと思います!

次回の報告もお楽しみに。
posted by iyah at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録